ウォーターサーバーの電気代は高い?安い?実は節約になっているからお得なのです

ウォーターサーバーの電気代は生活費の中で高いのでしょうか。
それとも安いと言えるでしょうか。

水をよく飲む方や、お湯をしばしば必要とするという方にとってみれば、
実はトータルで計算したときには生活費の節約になっているのでお得なのです。

ウォーターサーバー1か月の維持費における電気代はわずか

ウォーターサーバーで1か月ごとにかかる維持費で考えますと、
サーバーのレンタル代やメンテナンス料金などは無料というウォーターサーバー会社が多い。

それゆえ維持費と言えば主に宅配で届く水代金と電気代が中心となり、
その中でも水の代金が割合的に多く、電気代は発生する毎月のコスト全体で見ればわずか。

年間費用で算定しても電気代はそれほどでもありません。

ウォーターサーバー1か月の電気代は毎月いくら?

ウォーターサーバー1か月の電気代は毎月いくらなのでしょうか。

実際に毎月支払う電気代金は、各社のサーバーの機能によって異なります。

使い方でも違いがでますが目安として1か月平均1000円ほど。
安くて月500円前後であり、高くても1000円を少し越える程度。

1日で計算すると電気代10円~40円くらいの範囲に収まる。

電気ポットの常時保温では月に900円前後ですし、
冷水を飲むための家庭用冷蔵庫も意外に電力を要します。

ウォーターサーバーの電気代を安いと思うか高いと思うかは人それぞれですが、
そこまで高いわけではなく、得られる恩恵や満足感からは安いと言えるでしょう。

省エネサーバーのエコモードを使用すれば電気代が安い

どうしてもウォーターサーバーの電気代を節約したいのであれば、
エコ機能、省エネ機能が装備されているモデルを選んではいかがでしょうか。

例えば部屋の明るさが暗くなると光センサーが感知して加熱や保温が自動的にオフになるタイプですと、就寝時や外出時の加熱や保温に関する電力を減らすので電気代が抑えられる。
寝ている間や不在時にウォーターサーバーは使いませんから合理的。

また、サーバーの内部構造上、宅配水をサーバーにセットした後、冷水タンクを通ってから温水タンクのほうへ流れていくのが旧型。
一方で冷水タンクと湯タンクに分かれていて、宅配ボトルの水が2つのタンクへそれぞれ直接流れ込んで貯水され、別々に冷やしたり温めるモデルは新型。
言うまでもなく新型タンクのほうが、常温の宅配水を冷水に触れさせることなく温度を上げていけますので消費電力を抑えられる。

このように、電気代を下げたり、エコを意識した省エネの新型も登場しつつあり、そういった省エネモードやエコモードを活用すれば、電気代を毎月300円程度に安く抑えることも不可能ではありません。

水温と電気代の関係

ウォーターサーバーのお湯は80~90度に設定されていることが多く、
激しく沸騰するほどではないものの熱湯が保温されています。
コーヒーやお茶、紅茶などのホットドリンクはもちろんカップ麺も作れる。

お湯の水温に関しては、5度でも10度でも下げるだけで加熱や保温にかかる電力を少なくでき、結果として電気代も安くなるのは言うまでもありません。
水温設定ができるサーバーであれば、手動で下げて電気代節約。

また、スイッチやボタンひとつで温水を低めの水温に設定できる節電や節約に向いたウォーターサーバーもあります。

電源をOFFにしてもよい?お湯を使わないなら電気代安くなる?

お湯を低めの水温設定に下げる以前に、使わないときやお湯が不要のときは、電源を切れば電力消費が抑えられてよいのでは?と発想する方もいらっしゃるでしょう。

これはダメ、電源OFFにしてはいけません。
ウォーターサーバーでは電源を常時ONで運用するのが正しい使い方。
冷蔵庫と同じでつけっぱなしにする。

最近のウォーターサーバーでは熱を使って内部を殺菌している機能を装備しているモデルもありますから電力が欠かせない。
すなわち電源をつけておくのは衛生面からの取り組みでもあり、水やサーバー内をクリーンに保つ対策でもあるのです。

節約になっているからお得

お湯が必要なたびに毎回、ヤカンで湯を沸かすのが面倒だからと電気ポットを使う人もいるでしょうが、加熱して湯を沸かして保温しているという点ではウォーターサーバーと同じ。
水の量が違うだけで電気代はそんなに変わらない。

ヤカンで湯を沸かすときのガス代、IHコンロの電気代のほうが安い印象もありますが、
何より手間が面倒ですし、すぐにお湯が使えないのは不便。
1日の中でお湯を使う回数や頻度が多い方ならウォーターサーバーのほうが向いていると言えるでしょう。

しかもウォーターサーバーであればお湯だけでなく、冷水も用意されており、
それぞれ適切な水温で保たれていますので便利。

水を冷やすのに使う冷蔵庫の稼働も、他の食材と一緒に行うとは言え、
同時に大量の水の入ったペットボトルも入れますと消費電力は増えます。

総合的な利便性を考えたとき、ウォーターサーバーの電気代は高いとは言えないのではないでしょうか?
すぐに使える冷水、お湯が維持されているという便利さ。
実用面としては、その価値も含め、月500~1000円程度ならば、むしろ安いかと考えられます。

かかる時間、お湯や冷水を用意する手間、コスパなど、これらを電気代という観点からトータルで見れば生活費と言えども、節約になっていると言えるのではないでしょうか。

余計なお金の支出だと考えてしまう人もいるかもしれませんが、ウォーターサーバーを導入することで得られる便利さや満足感まで含めて比較検討してみれば、使う価値のあるものだ、この電気代も高くはないと思えるはずです。

電気代が150円のウォーターサーバー

電気代が150円のウォーターサーバーもあるようですが、水道水の流れを直結で接続して抽出しているため、状況的には浄水器に近いとも言えます。

ウォーターサーバーで名水から汲み上げられたミネラルウォーター、おいしい天然水を飲みたいと思うのであれば、当サイトでご紹介しているような宅配水としてお届けするウォーターサーバーをおすすめします。

ウォーターサーバー電気代の平均は?高い?安い?

ウォーターサーバーの1か月の電気代については1000円が目安とされていますが、
全体平均で計算しますと800円弱になるという説が有力です。

すなわち700円代以下であれば、電気代は安いほうと言えます。
逆に毎月1000円以上であれば、電気代は高いほうになります。

ウォーターサーバーの電気代を比較

ウォーターサーバーの電気代を比較してみましょう。

代表的なプレミアムウォーター、クリクラ、アクアクララ、
コスモウォーター、フレシャスを以下に比べてみました。

プレミアムウォーターの電気代

プレミアムウォーター(スリムサーバー)
プレミアムウォーターの電気代について、
特に安いのは「スリムサーバーIII」(ロングタイプ・床置型)」で、
通常使用のままですと約630円ですが、省エネのエコモードをONにして使うことで、
1か月約500円 になります。
1日あたり17円。通常使用で1日あたり21円。

スリムサーバーIII(ショートタイプ(卓上型)」のエコモード使用時も1日あたり21円。

cado×PREMIUM WATER」のエコモード使用時も1日あたり22円で同等になります。

プレミアムウォーターは天然水を宅配でお届けします。

プレミアムウォーター
(ウォーターサーバー)こちら

クリクラの電気代

クリクラ(ウォーターサーバー)

クリクラの電気代について、「クリクラ省エネサーバー」で1か月約756円
従来のクリクラサーバーに比べて電気代を約55%削減しています。

クリクラはRO水を宅配でお届けします。

クリクラ
【公式】ウォーターサーバーこちら

アクアクララの電気代

アクアクララ
アクアクララの電気代について、「アクアウィズ」では省エネモードを搭載し、最大45%電力を削減します。ECOボタンを押すだけでECOモード(省エネモード)になるので使い方も簡単。

アクアアドバンス」は二段階の省エネ運転が可能。
消費電力22%削減。

アクアクララで電気代を節約すると月350円

アクアクララはRO水を宅配でお届けします。

アクアクララ
(ウォーターサーバー)こちら

コスモウォーターの電気代

コスモウォーター
コスモウォーターの電気代について、「Smartプラス」で1か月約400~500円
1日あたり13円〜17円程度になります。

エコモード1日二回使用で電力を減らした場合、月474円となります。

なお、コスモウォーターには、「ECOTTO(エコット)」という付属のケトルで湯を沸かすサーバーもあり、必要なときだけ湯を作り、それ以外は保温しませんので、電気代の大幅削減に成功しています。
1日冷水600㏄、温水200㏄使用で月125円ほどです。
但し、いつでもすぐにお湯を出したい方には向いていません。

コスモウォーターは天然水を宅配でお届けします。

コスモウォーター
(ウォーターサーバー)こちら

フレシャスの電気代

フレシャス・デュオ
フレシャスの電気代について、搭載されている省エネモードを使えば電気代を最大約70%カットできます。

1か月の電気代は、
FRECIOUS dewo(フレシャス・デュオ)330円
FRECIOUS Slat(フレシャス・スラット)380円
Slat+cafe(スラット+カフェ)380円
FRECIOUS dewo mini(フレシャス・デュオミニ)490円
SIPHON+(サイフォンプラス)750円
となります。
1日あたり11円〜25円程度。

フレシャスは天然水を宅配でお届けします。

フレシャス
(ウォーターサーバー)こちら

関連記事

ウォーターサーバーの内部構造。冷水とお湯が作られる仕組みを知ってお得な活用術を知っておこう
デザイン性重視のおしゃれなウォーターサーバーを選ぶと安いか高いか
ウォーターサーバーとペットボトルを比較して安いお得なのはどっち?
ウォーターサーバー使わない時間帯と節電方法は?電気代を節約できるか
ウォーターサーバーを一人暮らしで使う維持費は安い?月額3000円がコスパの目安
ウォーターサーバー電源を切ってoffにしてもよいの?

ウォーターサーバー活用術【おすすめ】

ウォーターサーバー比較under_text

☆ウォーターサーバー活用術【おすすめ】━・・・━◆◇◆◇

厳選されたおいしい天然水からお選びいただけます。
洗練されたサーバーデザイン。かんたんお手入れ。
【プレミアムウォーター】(PREMIUM WATER)ウォーターサーバー

安心安全なRO水でコストが安い。
プレゼント特典付きキャンペーンあり。
【アクアクララ】(AquaClara)ウォーターサーバー

グッドデザイン賞受賞おしゃれなデザインの外観。
衛生面に優れたサーバーでおいしい天然水が飲める。
【フレシャス】(frecious)ウォーターサーバー

水ボトル足元らくらく交換。おいしい家族の天然水。
最寄りの採水地から天然水を直送。
【コスモウォーター】(cosmo water)ウォーターサーバー

人気のウォーターサーバーはこちら
ウォーターサーバー比較under_pic