ウォーターサーバーの電気代は高い?安い?実は節約になっているからお得なのです

ウォーターサーバーの電気代は生活費の中で高い?
それとも安いのでしょうか。

水をよく飲む方や、お湯をしばしば必要とするという方にとってみれば、
トータルで計算したときには生活費の節約になっているのでお得なのです。

1か月の維持費

ウォーターサーバーにかかる1か月ごとの維持費で考えますと、
サーバーのレンタル代やメンテナンス料金などは無料というウォーターサーバー会社が多い。

それゆえ維持費と言えば主に宅配で届く水代と電気代が中心となり、
水代が割合的に多く、電気代は発生するコスト全体で見ればわずか。

年間費用で算定してもそれほどではありません。

ウォーターサーバーの年間費用はどのくらいか。毎月の水代や維持費からコスト計算を

ウォーターサーバー毎月の電気代

ウォーターサーバー毎月の電気代金は、
各社の装置としてのサーバーの機能によっても異なります。

一般的に安くて月500、600円程度であり、
高くても1000円強程度。

1日なら電気代20円~40円くらい。

電気ポットの常時保温では月に900円前後ですし、
冷水を飲むための家庭用冷蔵庫も意外に電力を要しますので、
ウォーターサーバーの電気代を安いと思うか高いと思うかは人それぞれでしょう。

フレシャス・デュオの電気代はいくらなの?dewoをslat・siphon・dewo miniと比較してみた

省エネサーバー

どうしてもウォーターサーバーの電気代を節約したいのであれば、
エコ機能、省エネ機能が装備されているモデルも存在します。
部屋の明るさが暗くなると光センサーが感知して、
加熱や保温が自動的にオフになる。
その間、電気代が抑えられる。
寝ている間や不在時には使いませんから合理的。

また、サーバーの内部構造上、宅配水をサーバーにセットした後、
冷水タンクを通ってから温水タンクのほうへ流れていくのが旧型。
一方で冷水タンクと湯タンクに分かれており、宅配ボトルの水が
2つのタンクへそれぞれ直接流れ込んで貯水され、
完全に別々に冷やしたり温めるモデルは新型。

言うまでもなく新型タンクのほうが、常温の宅配水を冷水に触れさせることなく
温度を上げていけますので消費電力を抑えられる。

こういった電気代やエコを意識した省エネの新型も登場しつつあり、
その場合、安いところは電気代が毎月300円程度に抑えられます。

水温と電気代

ウォーターサーバーのお湯は80~90度に設定されていることが多く、
激しく沸騰する前の熱湯になっています。
だからコーヒーやお茶などのホットドリンクはもちろんカップ麺も作れる。

ウォーターサーバーのお湯がぬるい、正しい温度は何℃なの?

お湯の水温に関しては、5度でも10度でも下げるだけで加熱や保温にかかる
電力を少なくでき、結果として電気代も安くなるのは言うまでもありません。
水温設定ができるサーバーであれば、手動でも下げてみるのは電気代節約のコツ。

また、スイッチやボタンひとつで温水を低めの水温に設定できる
節電節約に向いたウォーターサーバーもあります。

電源をOFFにしてもよい?

水温を下げる以前に使わないときは電源を切ればよいのでは?
と発想する方もいらっしゃるでしょう。

これはダメ、電源OFFにしてはいけません。
ウォーターサーバーでは電源を常時ONで運用するのが正しい使い方。

ウォーターサーバー電源を切ってoffにしてもよいの?

宅配水は入念な水質検査を経てボトル詰めされており、工場からの
出荷段階ではほぼ無菌。
しかしご自宅で受け取ってから一度でも開栓すれば空気中などから
雑菌が付着している恐れがある。

ウォーターサーバーの電源をつけておくのは衛生面からの取り組みでもあり、
常温になることで雑菌などが繁殖してしまう恐れを防ぐ対策なのです。

ウォーターサーバーの水は腐るか腐らないか

節約になっているからお得

お湯が必要なたびに毎回、ヤカンで湯を沸かすのが面倒だからと
電気ポットを使う人もいるでしょうが、加熱で沸かして保温している
という点ではウォーターサーバーと同じ。
水の量が違うというだけで電気代はそんなに変わらない。

ヤカンで湯を沸かすときのガス代、IHコンロの電気代のほうが安い気もしますが、
何より手間が面倒であるし、すぐにお湯が使えないのは不便。
1日の中で湯を使う回数や頻度が多い方ならウォーターサーバーのほうが向いている。

ウォーターサーバーお湯を使わないなら、冷水のみ使用で電気代が安い?

しかもウォーターサーバーであれば湯だけでなく、冷水も用意されており、
それぞれ水温が保たれています。

水を冷やすのに使う冷蔵庫の稼働も、他の食材と一緒に行うとは言え、
同時に大量の水の入ったペットボトルも入れますと消費電力は増えます。

総合的な利便性を考えたとき、ウォーターサーバーの電気代は
高いとは言えないのではないでしょうか?
すぐに使える冷水、お湯が維持されているという便利さ。
実用面としては、その価値も含め、月500~1000円程度ならば、
むしろ安いかと考えられます。

かかる時間、お湯や冷水を用意する手間、コスパなど、これらを電気代という観点から
トータルで見れば生活費と言えども、節約になっていると言えるのではないでしょうか。

余計なお金の支出と考えてしまう人もいるかもしれませんが、
ウォーターサーバーを導入することで得られる便利さや満足感まで含めて
比較検討してみれば、使う価値のあるものだ、電気代も高くはないと言えるはずです。

関連記事

卓上型のウォーターサーバーならコンパクトなので台所や寝室への設置が可能。一人暮らしにも便利
デザイン性重視のおしゃれなウォーターサーバーを選ぶと安いか高いか
ウォーターサーバーとペットボトルを比較して安いお得なのはどっち?
ウォーターサーバー使わない時間帯と節電方法は?電気代を節約できるか
ウォーターサーバーに自分で水道水を入れるとどうなる?宅配水やペットボトルとの違い
ウォーターサーバーのお湯が出ないときは故障なの?
ウォーターサーバーの近くにコンセントなし。延長コードでタコ足配線してもよい?
ウォーターサーバー、外出時の活用術。コンセント電源を抜くのが正しいの?

ウォーターサーバー活用術【おすすめ】

ウォーターサーバー比較under_text

☆ウォーターサーバー活用術【おすすめ】━・・・━◆◇◆◇

グッドデザイン賞受賞おしゃれなデザインの外観
衛生面に優れたサーバーでおいしい天然水が飲める。
【フレシャス】(frecious)ウォーターサーバー

ボトル足元らくらく交換。おいしい家族の天然水。
コスモウォーター(cosmo water)ウォーターサーバー

お好みの天然水をお選びいただけます。
女性にも人気のプレミアムウォーター(premium water)

安心安全なRO水でコストが安い。
\市場シェアNo.1!/アクアクララのウォーターサーバー

人気のウォーターサーバーはこちら
ウォーターサーバー比較under_pic