非加熱殺菌の水で溶存酸素を飲む。ウォーターサーバーの天然水も溶存酸素量が多いとおいしい

非加熱殺菌の水における溶存酸素とウォーターサーバー天然水との関係について。

飲み水として流通している水の処理方法には加熱殺菌処理と非加熱殺菌処理があります。

加熱して高温で水を煮沸させるか、高温で煮沸しないかの違いですが、
このとき、溶存酸素量も変わってきます。

溶存酸素とは?

溶存酸素とは水の中に溶け込んでいる酸素のこと。
その量は溶存酸素量(溶解酸素量)。DO (Dissolved Oxygen)とも呼ばれている。

水の中の O2(酸素)、溶存酸素量が減ってしまうと水の中に生息する生物や
水中植物において呼吸や光合成に悪影響が出ると言う環境用語。
溶存酸素量が減ってしまうのは、水質の変化によるところが大きいとされ、
水温、水圧、塩量、そして水の汚染に関係があるという。

溶存酸素が多く残っているだけ、水質がよいという判断材料にもなる。

加熱処理で溶存酸素が減る

水を加熱処理することで蒸発の際に酸素も合わせて抜けていく。
よって加熱処理を経た水は溶存酸素量が減っている。
もしくは溶存酸素が無くなってしまう。

溶存酸素のある水を飲みたいのであれば、非加熱処理の水を選ぶことになります。

非加熱処理の水は天然水そのもの、おいしい水

非加熱処理ですと水の中に溶けている酸素である溶存酸素が失われません。
まろやかで栄養成分としてもよいとされます。

水源から採水した天然水本来の味わい、風味、口当たりに限りなく近いのです。
それだけ、おいしい水だと言える。

加熱処理済の水は溶存酸素が減っています。
RO水は酸素やミネラルなど全て無くなってしまった水であり溶存酸素もゼロ。

自然の恵みをそのまま享受したいのであれば、非加熱処理の天然水がベスト。

水の加熱処理と非加熱処理の違い。ウォーターサーバーの水で体によいのは?
赤ちゃんが飲むならどっちが安全?

非加熱処理の水は安心して飲める安全な水

しかし飲み水としては、採水したままということではいけません。
殺菌や不純物の排除が必要になります。

実際、ウォーターサーバーの処理工場において加熱しない処理方法として
フィルターろ過や沈殿などで安全な飲み水への処理はしていますから
安心して非加熱処理の水をお飲みいただけます。

高温で煮沸せずに行う水の殺菌や不純物の排除など非加熱殺菌処理には
難しく高度な技術が必要であり、それだけコストがかかるということになります。
販売価格も高くなる傾向にあり、非加熱処理の水は贅沢品とも言えそうです。

非加熱殺菌の水、溶存酸素のある水がおすすめな理由

人によっては非加熱処理の水は不安が残るかもしれません。

安全面を考えますと加熱処理済みの水を選ぶことになりそうですが、
日本でも規制緩和以後は、非加熱水のペットボトル入りミネラルウォーター
が流通・販売されており、日本人の多くも飲んでいるものです。

海外ではミネラルウォーターは天然に近いものという概念があり、
むしろ加熱処理をしてはいけないことになっています。
外国ではミネラルウォーターと言えば非加熱処理の水を指しているのです。
加熱殺菌済ウォーターはミネラルウォーターだと考えていない。
安全を第一優先にする日本とは全く逆の価値観になっているという事実があります。

こういったことからも海外の方は何ら問題なく非加熱の水を飲んでいますし、
日本国内でも違法ではなく合法的な処理ですので問題ありません。

考え方によっては加熱処理した水は本当の意味でのミネラルウォーターとは
言えないのですから、おいしい天然水を飲むのがご希望であれば、
非加熱殺菌の水(溶存酸素のある水)を選ぶことをおすすめします。

フレシャスは非加熱処理の天然水

フレシャスのウォーターサーバーでは非加熱処理の天然水が提供されています。

水源から採水してきた水を、細菌を除いたクリーンルームで品質管理し、
水を超精密ろ過フィルターに通す。
細菌、バクテリア類、不純物や雑菌類だけを取り除くことができ、
溶存酸素は残る。

RO膜ではないので、RO水ではない天然水。
ミネラル成分からの旨味を失わないためにRO水にはしない

これら処理過程で加熱しないので溶存酸素が消えない。
非加熱の天然水。

ミネラルと溶存酸素を豊富に含む水はとてもおいしく感じる。
全てはおいしい天然水を味わうためのこだわりだという。

フレシャスでは、おいしい宅配水が飲めると言えそうです。

フレシャスの溶存酸素量
目安:約9.4mg/L
(5.0mgで高水準とされる)

【非加熱】フレシャス(frecious)ウォーターサーバー

※フレシャスはこちら
ウォーターサーバー「フレシャス」

フレシャス
【公式】ウォーターサーバー

プレミアムウォーターは非加熱処理の天然水

プレミアムウォーターのウォーターサーバーでは非加熱処理の天然水が提供されています。

非加熱で提供する理由は水の中の溶存酸素を減らしたくないからだという。

水のおいしさを引き立てるのが溶存酸素だと考えるからこそ、
それを優先したこだわりの非加熱処理。

他社がコストの安い加熱処理であり、非加熱は生産管理が難しいにもかかわらず、
おいしさの追求のために加熱しないという。
プレミアムウォーターなら、おいしい宅配水が飲めそうです。

プレミアムウォーターの溶存酸素量
採水地:富士吉田(12Lボトル)8.2mg/L
採水地:南阿蘇10.5mg/L
採水地:金城8.5mg/L
(5.0mgで高水準とされる)

【非加熱】プレミアムウォーター(ウォーターサーバー)
※プレミアムウォーターはこちら
プレミアムウォーター

プレミアムウォーター
【公式】ウォーターサーバー

関連記事

ウォーターサーバーの水に浮遊物がある、ホコリ?ゴミ?塵?白い浮遊物の謎
ウォーターサーバーの水は腐るか腐らないか
ウォーターサーバーのお湯で作るコーヒー・紅茶・お茶がおいしい理由
ウォーターサーバーの水で氷を作るのは危険?ダメ?よくないから作らないほうがよいというわけではない

ウォーターサーバー活用術【おすすめ】

ウォーターサーバー比較under_text

☆ウォーターサーバー活用術【おすすめ】━・・・━◆◇◆◇

厳選されたおいしい天然水からお選びいただけます。
洗練されたサーバーデザイン。かんたんお手入れ。
【プレミアムウォーター】(PREMIUM WATER)ウォーターサーバー

安心安全なRO水でコストが安い。
プレゼント特典付きキャンペーンあり。
【アクアクララ】(AquaClara)ウォーターサーバー

グッドデザイン賞受賞おしゃれなデザインの外観。
衛生面に優れたサーバーでおいしい天然水が飲める。
【フレシャス】(frecious)ウォーターサーバー

水ボトル足元らくらく交換。おいしい家族の天然水。
最寄りの採水地から天然水を直送。
【コスモウォーター】(cosmo water)ウォーターサーバー

人気のウォーターサーバーはこちら
ウォーターサーバー比較under_pic