ウォーターサーバーの年間費用はどのくらいか。毎月の水代や維持費からコスト計算を

ウォーターサーバーの年間費用はどのくらいかかるのでしょうか?

契約は長期的で毎月のお支払いが続くだけに1年間でのトータルコストが
いくらかということについて気になる方がいらっしゃるかもしれません。

ウォーターサーバーにかかる費用

ウォーターサーバーにかかる費用としては、
以下ものが挙げられます。

  • 初期費用(事務手数料など)
  • サーバーの送料
  • サーバーのレンタル代金
    (もしくは購入代金)
  • 水の代金
  • 水の送料
  • 電気代
  • メンテナンス料金
    (クリーニング・点検)
  • 解約後のサーバー返送
  • 解約金・違約金

導入時における初期費用やウォーターサーバー本体を
ご自宅や事務所など設置場所まで配送する送料。

お使いになる間には、毎月のサーバーレンタル代と、
定期的に送られてくる水代およびその送料。

電気代はご自身で負担することになります。

ウォーターサーバーも機械ですから、定期的にお掃除や点検・調整が必要。
それらをご自身でやっていただくセルフメンテナンス方式か、
業者が訪問して現場で行うメンテナンス方式か、返送回収して工場のほうで
クリーニングするか、いくつかの選択肢があります。

仮にいつの日か解約することになりましたら、
レンタルしているウォーターサーバー本体は返送して返却する。
そのときの手数料や送料。
同時に解約金・違約金が発生するかもしれません。

初期費用や導入時の費用

ほとんどのウォーターサーバー会社では、
新規にお申込みしてからご自宅にウォーターサーバーが届くまでに
お支払いはなく、初期費用や手数料は無料となっています。

しかし買取り、買い切りとして、そのウォーターサーバーを購入したのであれば、
サーバー代金を一括または分割で支払う。
その代わり、当然ですが解約後もサーバーを返す必要はありません。
買ったことで所有者となっているのですから。

ウォーターサーバーのレンタル代金

ウォーターサーバーの多くがレンタル契約となっており、
あくまでもサーバーを借りて使うという形態になります。

しかしこのレンタル代が無料。
なぜでしょうか?

ウォーターサーバーのレンタル代金は、実は水の代金と関係しておりまして、
レンタル代金が無料のところは毎月注文する水の量にノルマがあります。
1か月に最低何本以上頼まなくてはいけないなどルールがある。

逆にレンタル代金が発生するところは月500円から1000円程度の
レンタル代ですが、配送される水のノルマはありません。
水は注文してもしなくてもよいという感じ。

多くの方が水のノルマ式を選び、サーバーレンタル代金は支払いません。
ウォータサーバーでは水を飲むことを目的として契約しているのですから、
定期的に水を配送してもらうノルマに関しては何ら問題はありません。

ウォーターサーバーの維持費

ウォーターサーバーに毎月かかる維持費としてのコストはいくらか。

電気代は月500~600円程度ですが、中には1000円以上するサーバーもある。
サーバーの機種によって違っていきます。
しかし常時、通電している割にはお安いのではないでしょうか。
1日20~30円程度。
気になるのでしたら、省エネモードといった機能を備えたウォーターサーバー
を選ぶとよいかもしれません。

メンテナンス代金も無料のところが多い。
掃除や調整に料金がかかりすぎますとお客様から回避されがち。
衛生上の問題との関係もあるかもしれません。
ご自身で掃除するセルフメンテナンスの案内もありますし、
ボタンを押すだけで自動的に内部クリーニングしてくれるウォーターサーバー
の機種もあります。
一定の期間ごとにウォーターサーバー本体ごと交換する業者も珍しくありません。
この場合はサーバーを返送した後、クリーニングおよび調整点検済の
別サーバーが新たに届くので安心です。
いずれもメンテナンス代を維持費というほど考慮することはない。

ウォーターサーバー本体や水の宅配にかかる送料はほぼ無料となっています。

費用が無料になる理由

ところでなぜウォーターサーバーに関してあらゆる費用がほぼ無料で
提供されるのか?
疑問に思われる方、ご安心ください。

メーカーやウォーターサーバー会社は毎月の水から代金をとっており、
そのことでビジネスとして展開していけるのです。

利用者としては、水を買う代わりに、サーバーのレンタル代や
送料、メンテナンス代金、サポートなどを無償提供してもらえる。

ですから無料の部分に関しては遠慮することはないのです。
サポートセンターへの電話やメールなどお問い合わせなども積極的に活用していきましょう。

ウォーターサーバーの年間費用はどのくらいか

ウォーターサーバーの年間費用、12か月通しとなるとおいくらになるのか。

毎月の維持費からコスト計算しますと、
月の費用がおよそ4000~5000円前後となりますので、
年間費用は平均して5万円前後となります。

例えば、水のノルマが12L(2000円)で2本とか、
7.2L(1200円)で4本など、毎月4000円~5000円程度の水代、
というのが一般的な料金計算のモデルケース。
もっと安い水もありますし、高い水もある。
ここに電気代が加わる。

ただし、これらとは別に初期費用や解約金・違約金が請求される場合も
ありますのでご注意ください。

総じてウォーターサーバーの年間費用は安くても4万円弱はかかり、
高く見積もると7万円強で8万円はかからないであろうという範囲内に収まります。
実際は年間6万円予算で想定しておくとよいかもしれません。

年間費用を安く抑える工夫

年間費用を安く抑える工夫は何かあるでしょうか。
考えてみましょう。

ウォーターサーバーのサービスについては先にご説明しました通り
ほとんどの部分が無料で提供されますので、工夫するとすれば
水代と電気代くらい。

電気代に関しては使っていないときも通電しておくのが正解。
すぐに冷水や温水が飲めないということではなく衛生上の観点から
メーカーからも指導されます。

電源オフにするならば、よほど長期の海外旅行や出張のときくらいでしょうか。
メーカーによっては省エネ機能付きのウォーターサーバーがありますから、
電気代を安くする工夫につながります。

むしろ毎月、定期配送で届く水代金がメインの支払いとも言える。
これを安くすることが一番の節約法かもしれません。
一般的な傾向として天然水よりもRO水のほうが安い。

RO水はフィルター処理する水として採水地を選ばないので
極端に言えば水道水でもRO化でき、採水や運搬や貯蔵などかかる業者側の
コストが少ないからお安く提供できるのです。

不純物の無い安全な水として人気がありますし、味のほうもミネラルを
添加して旨味調整してあるものが多いですから飲みやすく問題ありません。
健康志向のご家族や赤ちゃんのいるご家庭ではRO水おすすめ。
多くの方が飲まれています。

小さくはありますが月額料金を少しでも安くすることで、
年間費用はかなり変わってきますので覚えておきたいですね。

関連記事

デザイン性重視のおしゃれなウォーターサーバーを選ぶと安いか高いか
ウォーターサーバーは無駄遣い?レンタル無料だから買うか迷うことはない
ウォーターサーバーに自分で水道水を入れるとどうなる?宅配水やペットボトルとの違い
ウォーターサーバーお湯を使わないなら、冷水のみ使用で電気代が安い?
夫婦カップル二人暮らしのウォーターサーバー。ふたり分の冷水とお湯を活用する暮らし方

ウォーターサーバー活用術【おすすめ】

ウォーターサーバー比較under_text

☆ウォーターサーバー活用術【おすすめ】━・・・━◆◇◆◇

グッドデザイン賞受賞おしゃれなデザインの外観
衛生面に優れたサーバーでおいしい天然水が飲める。
【フレシャス】(frecious)ウォーターサーバー

ボトル足元らくらく交換。おいしい家族の天然水。
コスモウォーター(cosmo water)ウォーターサーバー

お好みの天然水をお選びいただけます。
女性にも人気のプレミアムウォーター(premium water)

安心安全なRO水でコストが安い。
\市場シェアNo.1!/アクアクララのウォーターサーバー

人気のウォーターサーバーはこちら
ウォーターサーバー比較under_pic