ママ割で【比較】子育てママにうれしいウォーターサーバーのママ割は妊婦さんもお得になる特別割引プランで安い

ウォーターサーバーのママ割とは子育てママや妊婦さんがお得になる特別割引プラン。

赤ちゃんもウォーターサーバーを使うことを前提としているので安心してお選びいただけます。

ウォーターサーバーに子育て割引がある

一部のウォーターサーバーでは妊婦の方、子育て中のご家庭を対象に割引があります。
それらのサービスは「ママ割」といったサービス名で呼ばれていることが多い。

これからママになる予定の方、妊娠中の方、現在ママの方もこの割引サービスをぜひ活用しましょう。

ウォーターサーバーのママ割【比較】

<ウォーターサーバー> ママ割のサービス内容
プレミアムウォーター
『マムクラブ』
水1セット(24L)4,232→3,283円(税込)
有料設置サービス:無料
アクアクララ
『子育てアクアプラン』
水(24L)毎月550円OFFで3,358円(税込)
ママが喜ぶグッズをプレゼント
フレシャス
『ママパパプラン』
初回特典:ストローカップと今治ハンドタオル
継続特典:お子様の誕生月に水1箱
クリクラ
『クリクラSMILEキッズプラン』
初回の水代金4,840円→1,460円(税込)
年1回ボトル4本をプレゼント
コスモウォーター なし

プレミアムウォーターのママ割「マムクラブ」

プレミアムウォーターのママ割「PREMIUM WATER MOM CLUB(マムクラブ)」では、水代金1セット2本(24L)を3,283円(税込)で提供します。
(通常価格4,232円税込)

契約年数は3年。

サーバーレンタル料金については、1セット/月の注文で880円(税込)/月、2セット/月より多い注文で550円(税込)/月となります。

有料設置サービス通常8,800円(税込)が無料。

※お申込時に妊婦又は5歳以下のお子様がいるご家庭が対象。

プレミアムウォーターのママ割「マムクラブ」
※プレミアムウォーターはこちら
プレミアムウォーター

プレミアムウォーター
【公式】ウォーターサーバー

アクアクララのママ割「子育てアクアプラン」

アクアクララのママ割「子育てアクアプラン」では、
水代金2本(24L)が毎月550円OFFの3,358円(税込)で年間6,600円お得に。

さらにママが喜ぶグッズをプレゼント。

※妊産婦~6歳以下の未就学のお子さまがおられるご家庭が対象。

アクアクララのママ割「子育てアクアプラン」
※アクラクララ(RO水)はこちら
アクアクララ

アクアクララ
【公式】ウォーターサーバー★

フレシャスのママ割「ママパパプラン」

フレシャスのママ割「ママパパプラン」では、初回特典としてストローカップと今治ハンドタオルをプレゼント。

継続特典として毎年お子様の誕生月に水1箱を無料プレゼント。
(最大約15,000円相当分)

※お申し込み時に妊娠中、または未就学児のお子様がいるご家庭の方が対象。

フレシャスのママ割「ママパパプラン」

※フレシャスはこちら
ウォーターサーバー「フレシャス」

フレシャス
【公式】ウォーターサーバー

クリクラのママ割「クリクラSMILEキッズプラン」

クリクラではパパ・ママ応援企画を実施中。

妊娠中~7歳未満のお子様がいる場合、「クリクラSMILEキッズプラン」。
通常価格4,840円から69%OFFとなる1,460円(税込)でスタート。
そして年に1回のメンテナンス時にボトル4本をプレゼント。

また、クリクラを使うママを「クリクラママ」と称して、キャンペーンを開催することもあるようです。

※妊産婦~1才未満のお子様を持つ方が対象。

クリクラのママ割「クリクラママ」
※クリクラ(RO水)はこちら
ウォーターサーバー 「クリクラ」本契約

クリクラ
【公式】ウォーターサーバー★

コスモウォーターのママ割

コスモウォーターではママ割を提供していないようです。

子育て中の女性を対象にしたキャンペーンもあるようですが、ママに関係する何らかの特典をプレゼントするというものであり、ウォーターサーバーの割引ではありませんでした。

コスモウォーターのママ割キャンペーン
※コスモウォーターはこちら
天然水の宅配サービス【コスモウォーター】 ウォーターサーバーお申込みプログラム

コスモウォーター
【公式】ウォーターサーバー

ウォーターサーバーを使ってる年齢層は20代の子育てママ世代?

ウォーターサーバーはご家庭やオフィスに導入され、4人家族や職場の人達など大人数で使ったり、逆に一人暮らしでお使いになっている方もいらっしゃいます。

年齢層としてはどのような年齢、年代が利用者層になっているのかも気になるところ。

その中でも20代の子育てママ世代にとってウォーターサーバーが活用されているのをご存知でしょうか。

ウォーターサーバーを使ってる年齢層や利用者層

いくつかのデータ、アンケート結果がありますが、以前まではウォーターサーバー利用者層の年齢層別としては20歳代が最も多いとなっていました。
それに次いで30代、50代。それに続くのが40代と60代、70代。

ご家庭内ではお子供さん方も喜んでウォーターサーバーをお使いなのに、10代以下がほぼ皆無なのは、収入が無く契約者本人ではないということ、つまり契約者が親になっているからアンケート結果の利用者に出てこないのでしょう。

20代が使うウォーターサーバー

20代に利用者が多いのは流行に敏感ということもあるでしょうし、導入に対する行動が早く、考え方も柔軟な若さがあります。

20代が3割越えていて続く30代が2割程度ですので、20歳~39歳までで過半数を越える、約半分となります。

それ以外では満遍なく平均的に全世代に使われているのがウォーターサーバー
水を飲むという基本的で日常的な行動に関係しますから当然と言えば当然です。

東日本大震災以降ささやかれる放射性物質による水の汚染や、災害時の備えとしての備蓄水など水の安全面もウォーターサーバーの普及に関係しているかもしれません。

実際のところウォーターサーバーをご家庭に導入すれば便利ですから、高齢者、お年寄りとも言える60歳代、70歳以上など同居している家族も含めて
どの年齢層であっても有効に活用することができるのは間違いありません。

子育て世代の家族で使っている

最近では20代よりも30代40代で積極的に導入が進み、メインの利用者層になっているという。

これは当初の20代が日本のウォーターサーバーの歴史とともに歳を重ねて、30代になったということもあります。この利用層はウォーターサーバーを家庭内に導入することに抵抗はありません、むしろ日常的。

あるいは日本中でウォーターサーバー導入への理解や認知度が進み、ある程度以上の収入に余裕がある世代、つまり30歳以上、40歳以上の人々も遅れながら動き始めたということかもしれません。

それでも、以前のアンケート結果で20代30代で過半数を占めていたこと、現在は30代40代と家族4人、家族5人などで使う状況があることは事実。
これはやはり赤ちゃん、子育て世代がウォーターサーバーを使っているということが関係しているということが見えてきます。

乳児、幼児のいたづらには気をつけるべきですが、ウォーターサーバーにはチャイルドロックなど対策も取られていますので、ひとまず安心。

小学生、中学生、高校生のお子様たちも喜んで冷水を飲むもので、子育て世代の家族でウォーターサーバーを使うのは大正解。

子育てママに便利、ウォーターサーバー

女性が妊娠・出産を機にウォーターサーバーを導入するということは多い。

子育てママにとっては、赤ちゃんのミルク作り白湯(湯冷まし)離乳食などで使える。

そしてご家族の食事や家事などやる事がいっぱいの中で進めていくわけですから、いつでもすぐにお湯が使えるのは重宝します。

水を切らしてしまうのも大変で、その点、ウォーターサーバーなら定期配送で宅配水がご自宅まで届きますから、水不足の心配もありません。
重い水を運ぶという悩みからも解放されます。

子育てママにうれしいウォーターサーバーのママ割り

ウォーターサーバー会社によっては、子育て支援、ママのためのサービスやキャンペーンを展開しているところもありますから、さらに有効に活用できます。

「ママ割り」は、子育てママや妊婦さんがお得になるウォーターサーバーの特別割引プラン。
子育て応援として安く利用できますのでぜひ活用しましょう。

赤ちゃんにウォーターサーバーは、いらない?

赤ちゃんにウォーターサーバーは、いらないのでしょうか。

ミルク作りや、湯冷ましを作る水を、水道水にするか、ペットボトルのミネラルウォーターにするか、ウォーターサーバーかという選択になります。

日本の水道水は水道法に定められた基準にそって水質が管理されていますし、海外のような硬水と違って日本は軟水ですから、赤ちゃんが飲んでも大丈夫。
不安であれば内科や小児科医の先生に相談してみてください。

コンビニやスーパーや自動販売機などにある市販のペットボトル入りミネラルウォーターは、採水地も様々な天然水となっていますので、ミネラルが多めのものもあるかもしれません。
さらに水道水のように塩素カルキで殺菌状態を維持できませんので、開封以後はリスクが高まります。

水道水でもミネラルウォーターでも赤ちゃんのミルク作りをして大丈夫ではあります。

赤ちゃんにウォーターサーバーは、いらないというわけではないのですが、
宅配水はなるべくミネラル成分が少なめ、より硬度の低い軟水を選ぶのが赤ちゃんのためにはよいことです。

RO水(ピュアウォーター)は赤ちゃんにも安心安全な水

RO水とは超微細な逆浸透膜(RO膜)で濾過した水。
あらゆる物質が通過することができませんので、塵やホコリはもちろんのこと、水の中にある雑菌、細菌、ウィルスなども排除。一説には放射性物質さえもフィルターできるという。

残るものは水だけになりますので、純粋、ピュアウォーターとも呼ばれます。

このときミネラル成分も排除されますので実質的に硬度0、超軟水となります。

但し、ミネラルは水を人間が水を飲むときの風味や味わい、若干の甘み、旨味を感じる成分ですので、飲み口や水の味を整えるため処理工場において若干のミネラルを人為的に加えているRO水が少なくありません。
このように後からミネラルを添加したRO水をデザインウォーターと呼ぶことがあります。
それでもミネラルウォーター天然水に比較して、かなりの軟水であることは間違いありません。

2歳位になるまでは赤ちゃんの内臓もまだ未発達で弱いため、ミネラル成分が体に負担をかける可能性があるとされています。
この時期については高度の高い水は避け、出来る限り軟水を飲ませるほうが赤ちゃんのためではあります。
その意味では超軟水であるこのRO水は、赤ちゃんが安心安全に飲める水として最適なのです。

子育てママにとっては安心して赤ちゃんのミルク作りや湯冷まし、離乳食に使えますし、もちろんご家族にとっても安全な水を飲むと言う観点からとてもよい水だと言えるでしょう。

関連記事

粉ミルクとウォーターサーバーのお湯を水で割るのはダメ?冷水をそのまま入れて大丈夫?
赤ちゃんの白湯をウォーターサーバーのお湯で作っても大丈夫?
ピュアウォーターのメリットとデメリット。RO水は赤ちゃんのミルク作りにも安全な純水
赤ちゃんは、いつからウォーターサーバーの冷水・お湯・ミルクを飲めるの?
ウォーターサーバーを放射能からの安全性で比較。RO水なら放射性物質無く安全性から安心。天然水は?
ウォーターサーバーを安全性で【比較】危険性を回避して安全な水を飲みたいから