ウォーターサーバーお湯でカップラーメンを作る温度は何度?熱湯としては、ぬるい?

ウォーターサーバーから注がれるお湯でカップラーメンが作れるという
ことを聞いて、便利だなあと導入を決めた方もいらっしゃるかもしれません。

ところで、ウォーターサーバーのお湯でカップラーメンを作るときの温度は
何度が適切なのかご存知でしょうか。

カップラーメンの熱湯とは何度のこと?

カップラーメンは「熱湯で調理してください」と案内がある。
この説明にある熱湯とは水温で何度のことを言うのでしょうか。

普通に考えて100℃という答えが多いような気がします。

なぜなら水の沸点が100℃だと考えている人が多いから。

水が沸騰する温度を沸点と言いますが、沸点が100℃とは限りません。
気圧の違いにより変化します。
極端に言いますと山の上など高度の高い所では100度より低い水温で沸騰します。

完全に沸騰していなくても沸騰に近い状態もありますね。
やかんに入れた水を火にかけてグツグツ、ボコボコといった音がする直前。

水を熱して、やがて泡が出てきて、それが多くなり、その先に沸騰する。
このときは完全に熱湯になっている。

カップラーメン会社の説明によれば、熱湯とは沸かしたてのお湯のこと
だという。つまりほぼ100度の熱湯。

しかし、沸騰するより前のお湯でカップラーメンを作った経験も
あるでしょうし、沸騰して火を止めた後でお湯とやかんのことを忘れていて、
ぬるい湯でカップラーメンを作ったこともあるかもしれません。

60℃~85℃以下のお湯でカップラーメンを作ると失敗するという。
いざ食べるときに、ぬるい、まずい、麺が硬いとなる。

カップラーメンは、なぜ熱湯3分なのか

ところでカップラーメンを作るのは、なぜ熱湯3分なのでしょうか。
それから冷水では作れないのか。

カップラーメンに入っている乾燥麺は水分を含むことで、食べられる麺になる。
この理屈から言いますと、普通の常温の水でも戻すことはできなくはない。
調理できる。

しかし常温の水や、ぬるいお湯でカップラーメンを作ると失敗するし、
食べれても不味いということが多いですよね。

熱いものは分子エネルギーの高まり。
水よりもお湯のほうが分子レベルでのエネルギーが活発、動きが大きく早いので、
乾燥麺の中に入り込んでいきやすい。
ぬるいお湯を入れて3分後だとまだ固い、できかけラーメンなのはそのため。

それならもう少し待てばよいのかと言えば、それもその通り。
実は常温の水でもカップラーメンは作れる、食べられる。
麺に水分を含んでいくまで20分~30分以上かかりますが・・。

しかしラーメンはのびていく性質もあるので、その点で不味くなってしまう
可能性は否めない。
味や風味がお湯で作ったときと変わるので変な味に思うかもしれません。
それでも災害時など、緊急事態には役に立つ調理法ですので覚えておきたい。

残念ながら麺が油でコーティングされているタイプですと、時間をかけても
水では戻せないということになりますので、お湯が必須になります。

それから時間の3分ですが、これは人間が心理的にストレスが感じることなく
待てる時間が最大で3分なんだとか。
そこまで配慮されている割に、きちんとタイマーで3分間を計測する人が
半分もいないというアンケート結果もあるようで驚きます。

カップうどんが調理時間5分だったり、カップ焼きそば、カップそば、各種カップ麺で、
4分、5分待ち調理の商品もあります。
これは麺の太さや製法が違う、こだわりの食感を作るため、合計の麺量が多いなど、
いくつかの理由で長時間の調理時間になっているようです。

カップラーメンのお湯ぬるいとき、電子レンジにかけてもよい?

カップラーメンを作ったけど、お湯がぬるいせいか出来が悪い。
このまま電子レンジにかけたらよいのかと発想する。

まず注意事項。
カップラーメンの容器ごとレンジにかけますと、容器が溶けたり、発火など、
ラーメンが食べれなくなるどころか、火事や事故、怪我の原因となりますので、
絶対にやってはいけません。

カップラーメンをレンジに入れるときは耐熱容器のどんぶりなどに移し替えること。

丼に入れたできかけ、あるいはやや調理失敗のカップラーメンを電子レンジで
1分前後加熱する。これで食べれるはず。
まだ固ければ少しづつ加熱を加えていきましょう。

お湯が足りなかった場合は、水を加えてから電子レンジを使う。

なお、まだ作っていないカップ麺を最初からどんぶりに入れて、水を入れ、
完全に電子レンジだけで調理することも不可能ではありませんが、
時間の調整が難しいのと、やはり正規の作り方ではありませんから、出来上がりに
失敗して不味いということにもなりかねないことを覚悟しておきましょう。

ウォーターサーバーのお湯でカップラーメン

ウォーターサーバーのお湯でカップラーメンを作ることができます。
いつでも、すぐに作れる。

サービスを提供しているウォーターサーバー会社も推奨していますし、
多くの方々が利用している活用法のひとつ。

電気ポットですと、すぐに水切れしてしまうことがあるはず。
水を追加したら、また加熱を待たなければならない。
およそ一人分のカップラーメンを作るのに300~500mlのお湯を消費しますから、
複数人ですと難しくなってきます。

その点、ウォーターサーバーですと、家族4人のカップラーメンを同時に作る
としても水が無くなる心配がほぼありません。
お湯はかなりの量でてきます。

ウォーターサーバーは熱湯?お湯の温度は95度か。

ウォーターサーバーにセットした水は加熱されお湯になる。
その後は、水温として約80度~90℃に保温されている。

先にご説明しましたとおり、85℃以上の熱湯で作るとよいのですから、
カップラーメンを作るのにちょうどよい温度。

お時間に余裕がありましたら、加熱ボタンを押して、再加熱してからだと、
なおよいと言えるでしょう。
95度くらいの熱湯に近づき、まさに沸点とも言えるのでおいしいカップ麺が作れる。

ウォーターサーバーでの温度調整

ウォーターサーバーの機種によってはお湯の温度を設定変更できるものがあります。
温度調整することで、加熱控えめ、水温低めのお湯が保温される。

白湯が作りやすいので、赤ちゃんに飲ませたり、薬を飲むときに有用。
最近では白湯ダイエットなどにも活用されている模様。

あるいはお湯の設定温度を低くすることで消費電力を下げ、電気代を安くする
ということで活用される面もあります。
省エネ機能、エコモードなどと呼ばれている。

頻繫にカップラーメンを作るという方は、常にお湯を最高温度の熱湯にしておく
のがよいでしょう。省エネ機能、エコモードは使わない。

あるいは省エネ機能、エコモードで低温の水温にお湯に設定していたならば、
カップラーメンを作る直前に設定温度を最高に上げてから再加熱すればよい。

ウォーターサーバーお湯の温度で比較

以下に各社ウォーターサーバーのお湯の温度を比較してみました。

お湯の温度はおよそ80度以上に設計されており、再加熱ができるものは
90度まで上げられるのでカップ麺を作るのに問題ありません。

前述しました通りカップラーメンは時間さえかければ水でも作れるわけで、
多少ぬるい湯でも大丈夫。
少なくとも推奨水温85℃以上をクリアしているのでカップラーメン作れます。

あとはウォーターサーバーの機種ごとに微妙な設定の違いがありますので、
カップラーメンを食べるのに活用したい方は以下の比較を参考にしてください。

フレシャスでカップラーメンを作るお湯の温度

フレシャスでカップラーメンを作るお湯の温度について。

温水は80℃~90℃で水温設定が固定されています。
これはカップ麺、コーヒー、煎茶を作るのに適正温度だと考えられているから。

スラットは再加熱して93℃まで上げられる。

エコモードにすることで温水を低めの70℃にも設定変更できる。
この場合は再加熱してからカップラーメンを作るとよいでしょう。

【93℃】フレシャス(frecious)ウォーターサーバー
※フレシャスはこちら
ウォーターサーバー「フレシャス」

フレシャス
【公式】ウォーターサーバー

プレミアムウォーターでカップラーメンを作るお湯の温度

プレミアムウォーターでカップラーメンを作るお湯の温度について。

温水は85℃前後の設定になっている。
コーヒー、煎茶に最適だという理由から。

再加熱では温水を90℃前後まで上げる。

エコモードにすると暗闇で温水ヒーターがOFFで加熱オフになる。
お湯は出るが、ぬるい湯になる。
カップラーメンを作るときは再加熱しましょう。

【90℃】プレミアムウォーター(ウォーターサーバー)
※プレミアムウォーターはこちら
プレミアムウォーター

プレミアムウォーター
【公式】ウォーターサーバー

コスモウォーターでカップラーメンを作るお湯の温度

コスモウォーターでカップラーメンを作るお湯の温度について。

お湯の温度は80℃~90℃に設定されている。

エコモードに設定すると加熱・保温が6時間OFFになる。
手動で解除可能。
カップラーメンを作るときは解除して30分ほど待ちましょう。

【80-90℃】コスモウォーター(ウォーターサーバー)
※コスモウォーターはこちら
天然水の宅配サービス【コスモウォーター】 ウォーターサーバーお申込みプログラム

コスモウォーター
【公式】ウォーターサーバー

アクアクララでカップラーメンを作るお湯の温度

アクアクララでカップラーメンを作るお湯の温度について。

次世代型ウォーターサーバー「アクアアドバンス」は、
湯温は85~90℃に設定されている。

再加熱ボタンを押すと、お湯の温度を90℃に引き上げる。

省エネ運転中は70~75 ℃となっている。
カップラーメンを作るときは再加熱しましょう。

90℃[RO水]アクアクララ(ウォーターサーバー)
※アクラクララ(RO水)はこちら
アクアクララ

アクアクララ
【公式】ウォーターサーバー★

クリクラでカップラーメンを作るお湯の温度

クリクラでカップラーメンを作るお湯の温度について。

お湯の温度は常に80℃~90℃を維持する設定。
自動調整で水温が保たれる。

再加熱機能がないのでカップラーメンを作れますが、沸点に近い熱湯
をお好みの方には、ややぬるめか。

80-90℃[RO水]クリクラ(ウォーターサーバー)
※クリクラ(RO水)はこちら

クリクラ
【公式】ウォータサーバー★

関連記事

ウォーターサーバーでコーヒーを入れる温度。お湯でお茶や紅茶も作れる?
ウォーターサーバーで使うお湯の量は?カップラーメン、コーヒー、紅茶、お茶、粉ミルクを作る
ウォーターサーバーお湯を使わないなら、冷水のみ使用で電気代が安い?
夫婦カップル二人暮らしのウォーターサーバー。ふたり分の冷水とお湯を活用する暮らし方
ウォーターサーバーのお湯が出ないときは故障なの?
ウォーターサーバーのお湯で作るコーヒー・紅茶・お茶がおいしい理由
赤ちゃんの白湯をウォーターサーバーのお湯で作っても大丈夫?
ウォーターサーバーを使う20代OLの一人暮らし
ウォーターサーバーは一人暮らしにいらない?必要かどうか考えてみた

ウォーターサーバー活用術【おすすめ】

ウォーターサーバー比較under_text

☆ウォーターサーバー活用術【おすすめ】━・・・━◆◇◆◇

グッドデザイン賞受賞おしゃれなデザインの外観
衛生面に優れたサーバーでおいしい天然水が飲める。
【フレシャス】(frecious)ウォーターサーバー

ボトル足元らくらく交換。おいしい家族の天然水。
コスモウォーター(cosmo water)ウォーターサーバー

お好みの天然水をお選びいただけます。
プレミアムウォーター(PREMIUM WATER)

安心安全なRO水でコストが安い。
おいしい水のアクアクララ【限定キャンペーン実施中!】

人気のウォーターサーバーはこちら
ウォーターサーバー比較under_pic