フレシャス・デュオの電気代はいくらなの?dewoをslat・siphon・dewo miniと比較してみた

FRECIOUS dewo(フレシャス・デュオ)の電気代は
毎月あるいは年間費用でいくらなのでしょうか。

ウォーターサーバーのフレシャスにはいくつかの機種がありますから
dewo(デュオ)、slat(スラット)、siphon(サイフォン)、
dewo mini(デュオミニ)でも比較してみました。

フレシャス
ウォーターサーバー【公式】

フレシャス電気代で比較

フレシャスを機種ごとに比較しますと、
電気代が安いのは以下の通り。

1位
FRECIOUS dewo(フレシャス・デュオ)

【FRECIOUS dewo(フレシャス・デュオ)】

電気代330円/月
年間3960円
2位
FRECIOUS slat(フレシャス・スラット)

【FRECIOUS Slat(フレシャス・スラット)】

電気代380円/月
年間4560円
3位
FRECIOUS dewo mini(フレシャス・デュオミニ)

【FRECIOUS dewo mini(フレシャス・デュオミニ)】

電気代490円/月
年間5880円

一般的なウォータサーバーの電気代が500円~1000円ほど、
年間費用で6000円~12000円となってしまうのに比べて、
どうしてフレシャスのウォーターサーバーはこんなに電気代が安いのでしょうか?

その秘密を以下に解説いたします。

※フレシャスはこちら

エコモード

一般的なウォーターサーバーのお湯の温度は、
80~90℃前後に設定されている。

カップ麺を作るときは沸騰したお湯で作るのが基本ですし、
緑茶、コーヒー、味噌汁などを作るときも、
なるべく熱いお湯で作りたいから沸騰直前のこの水温は最適。

しかし例えば夏場はお湯を使う頻度が減るか、全く使わないかもしれません。
あるいは1年を通しても普段はあまりお湯を使わない人や、
ウォーターサーバーでは冷水を飲む目的なので、はじめから
お湯を使うつもりはなかったという方もいらっしゃるでしょう。

フレシャスのエコモード機能を使えば、温水を低めの70℃
に設定することができ、水温差で10から15度ほどの低下ではありますが、
加熱のパワーと続く保存のパワーの両方を減らすことができる。
ゆえに充分な節電となり電気代は安くなる。

エコモードでは最大約30%程度の電気代を安くすることができる
とがわかっています。
FRECIOUS(フレシャス)のエコモードとSLEEP機能

SLEEP機能

ウォーターサーバーは衛生面を保つためにも、
電源は入れっぱなしにしておくというのが使い方の基本になります。

しかし寝ている間や外出中などは誰も使わないのですから、
気になる電気代の観点から言いますと、加熱や保存を継続せずに、
使用開始時にでも温め始めてくれても良いわけで、
常に高い水温を保っているのは余計な電力とも言えます。

フレシャスのスリープ機能を使えば、
光センサーが部屋の明るさを自動で感知し、
暗くなると温水の電源を一時的にオフにしてくれる。

サーバーに備えられた ホットランプがオレンジから緑点灯に変わって、
ヒーター機能が一時的にストップ。

この仕組みから就寝中や家に居ない不在時はタンク内の水を加熱保温
しなくなりますので電気代が安くなる
温熱ヒーターが長い時間止まる傾向になりますので電力を抑えるのに
とても有効な策だと言える。

デュアルタンク構造

これまでのウォーターサーバーの内部タンク構造は、
宅配水が冷水タンクに流れ込み、
そこから温水タンクへ流れていくという仕組みでした。

常温の水が冷水になるか、あるいは冷たい水と混ざってから、
温水タンクへ流れていくため加熱するのに大きな電力パワーが必要なのでした。
水温90度近くまで上げていくのですからかなりの熱量。

フレシャスのウォーターサーバーはこういった従来型サーバーの構造を改良。
冷水タンクと温水タンクを別々に分けたデュアルタンク構造としました。
このことは二つのタンクの間で冷たい暑いの熱干渉も遠ざけることにも成功。

この新しいデュアルタンク構造を採用したモデルですと、
宅配で届いたフレシャスのウォーターパックを、
フレシャスのウォーターサーバーへセットした後、直接に
冷水タンク・温水タンクへそれぞれ分かれて流れるようになっています。

常温の水から加熱するわけですから、以前のような電力パワーを
必要とせず消費電力のロスが少ない。冷水と温水の干渉もない。
結果として電気代の大きな節約になります。
フレシャスのデュアルタンク構造

電気代を70%以上カットできるフレシャス

フレシャスのウォーターサーバーでは、上記にご紹介しました
「エコモード」+「SLEEP機能」+ 「デュアルタンク構造 」
この三つの機能を同時に併用していくことにより、
電気代を最大で70%以上カットできることが分かっています。

一般的なウォーターサーバーでは1ヶ月あたりの電気代が
500円から1000円前後かかってしまいますが、
それを330円前後までに下げるというイメージです。

ウォータサーバー維持費のメインのひとつが電気代ですから、
1か月でも、年間費用としても維持費がとても安くなる。
フレシャスは電気代は三分の一

siphonシリーズの電気代は高いか

残念ながらサイフォンプラスやサイフォンスリム
といったsiphonシリーズは、
宅配水が一旦冷水タンクを通る従来のタンク構造と水の流れですので、
水の加熱にかかる電気代は大きくなってしまう。
経済的観点として維持費の節約の面では劣ります。

よる少ない熱(電気)でお湯へと加熱して保温していきたい。
電気代を抑えることを意識するならフレシャスの機種の中でも、
FRECIOUS dewo(フレシャス・デュオ)、
FRECIOUS Slat(フレシャス・スラット)、
FRECIOUS dewo mini(フレシャス・デュオミニ)、
のいずれかを選ぶのが正解です。

フレシャス
ウォーターサーバーはこちら

まとめ フレシャスの電気代

ウォーターサーバーの月々の費用や維持費は気になるもの。
特に電気代は安くしたい。

フレシャスのウォーターサーバーはグッドデザイン賞を受けるほど
デザインにも優れており、ご家庭やお仕事場など、どの部屋に
設置するにせよ、素敵なインテリアのように満足できるサーバーの外観。

宅配水は使い切り使い捨てのウォーターパックですから衛生面に優れ、
12Lの大きなガロンボトルではないので、運ぶことも、サーバーへの
セットも保管も扱いやすい。
女性や一人暮らしにも便利な小型パック(4.7L)まで用意されている。

こういった理由から人気のウォータサーバーとなっているフレシャスですが、
そもそも他社に比較して電気代は安いほうなのです。

それでも可能な限り電気代を安くしたいというご希望で機種を選ぶなら、
内部がデュアルタンク構造に改良された
FRECIOUS dewo(フレシャス・デュオ)、
FRECIOUS Slat(フレシャス・スラット)、
FRECIOUS dewo mini(フレシャス・デュオミニ)、
の3機種がおすすめ。

これらは、最新の機能を装備しておりますので、
「エコモード」+「スリープ機能」+ 「デュアルタンク構造 」で、
電気代を最大約70%減らし、
月額330円程度の電気代に抑えることが可能なのです。

FRECIOUS dewo(フレシャス・デュオ)

FRECIOUS Slat(フレシャス・スラット)

FRECIOUS dewo mini(フレシャス・デュオミニ)

※フレシャスはこちら

フレシャス
ウォーターサーバー【公式】★

関連記事

デザイン性重視のおしゃれなウォーターサーバーを選ぶと安いか高いか
ウォーターサーバーは夜間、電源を切る?電気代より衛生面の問題を考えて

ウォーターサーバー活用術【おすすめ】

ウォーターサーバー比較under_text

☆ウォーターサーバー活用術【おすすめ】━・・・━◆◇◆◇

グッドデザイン賞受賞おしゃれなデザインの外観
衛生面に優れたサーバーでおいしい天然水が飲める。
【フレシャス】(frecious)ウォーターサーバー

ボトル足元らくらく交換。おいしい家族の天然水。
コスモウォーター(cosmo water)ウォーターサーバー

お好みの天然水をお選びいただけます。
女性にも人気のプレミアムウォーター(premium water)

安心安全なRO水でコストが安い。
\市場シェアNo.1!/アクアクララのウォーターサーバー

人気のウォーターサーバーはこちら
ウォーターサーバー比較under_pic