フレシャス デュオ電気代は月いくら?dewoをSlat・SIPHON+・dewo miniと比較してみた

FRECIOUS dewo(フレシャス・デュオ)の電気代は毎月いくらなのか気になります。
1年間の合計で電気代の年間費用はいくらになるのでしょうか。

ウォーターサーバーのフレシャスには複数のモデルがあります。
dewo(デュオ)以外の他のサーバー、Slat(スラット)、SIPHON+(サイフォンプラス)、dewo mini(デュオミニ) など全モデルで電気代を比較してみました。

フレシャス
ウォーターサーバー【公式】

フレシャスを電気代で比較

フレシャスをサーバーのモデルごとに比較しますと電気代が安いのは以下の通り。

1位
FRECIOUS dewo(フレシャス・デュオ)

【FRECIOUS dewo(フレシャス・デュオ)】

電気代330円/月
年間3960円
2位
FRECIOUS slat(フレシャス・スラット)

【FRECIOUS Slat(フレシャス・スラット)】

電気代380円/月
年間4560円
3位
FRECIOUS dewo mini(フレシャス・デュオミニ)

【FRECIOUS dewo mini(フレシャス・デュオミニ)】

電気代490円/月
年間5880円
4位
FRECIOUS SIPHON+(サイフォンプラス)

【FRECIOUS SIPHON+(フレシャス・サイフォンプラス)】

電気代750円/月
年間9000円
(以下、その他のモデル)
【FRECIOUS Slat+cafe(フレシャス・スラット+カフェ)】
【FRECIOUS AQUWISH(アクウィッシュ)】
【Collabo Model(コラボモデル)】
ワンピース:4柄
リラックマ:2柄

フレシャスで最も電気代が安いのは FRECIOUS dewo(フレシャス・デュオ)で1か月あたり約330円。
そしてFRECIOUS Slat(フレシャス・スラット)の380円、FRECIOUS dewo mini(フレシャス・デュオミニ)の490円、FRECIOUS SIPHON+(フレシャス・サイフォンプラス)の750円と続きます。

一般的なウォータサーバーの電気代が1か月500円~1000円ほどですので年間費用で6000円~12000円。
それに比べてフレシャスのウォーターサーバーは電気代が安いと言えます。

FRECIOUS dewo(フレシャス・デュオ)の場合は、3つのエコ機能を使用することで電気代を安くできるのです。
その秘密を以下に解説いたします。

※フレシャスはこちら
ウォーターサーバー「フレシャス」

エコモード

1つ目はエコモード。

一般的なウォーターサーバーのお湯の温度は80~90℃前後に設定されていることが多い。
カップ麺を作るときは沸騰したお湯で作るのが基本ですし、緑茶、コーヒー、味噌汁などを作るときも、なるべく熱いお湯の熱湯で作りたいから沸騰直前のこの水温は最適。

しかし、例えば夏場はお湯を使う頻度が減るか全く使わないかもしれません。
あるいは1年を通しても普段はあまりお湯を使わない人もいらっしゃる。
ウォーターサーバーでは冷水を飲む目的で導入したのであれば、はじめからお湯を使うつもりはなかったという方もいらっしゃるでしょう。

フレシャスのエコモード機能を使えば、温水を低めの70℃に設定することができる。
水温差で10から15度ほどの低下ではありますが、加熱と保温に要する電力の両方を減らすことができるのです。
ゆえに充分な節電となり電気代は安くなる。

エコモードでは最大約30%程度の電気代を安くすることができることがわかっています。
FRECIOUS(フレシャス)のエコモードとSLEEP機能

SLEEP機能

2つ目はSLEEP機能。

ウォーターサーバーは衛生面を保つためにも、電源は入れっぱなしにして使うというのが使い方の基本になります。

しかし寝ている間や外出中などは誰も使わないのですから、加熱や保温は不要なわけです。
朝、使用開始前や帰宅後に温め始めてもよいわけで、常に高い水温を保っているのは余計な電力とも言えます。

フレシャスのスリープ機能を使えば、光センサーが部屋の明るさを自動で感知し、暗くなると温水の電源を一時的にオフにしてくれる。

サーバーに備えられたホットランプがオレンジから緑点灯に変わって、ヒーター機能が一時的にストップ。

この仕組みから就寝中や家に居ない不在時はタンク内の水を加熱や保温しなくなりますので電気代が安くなる
温熱ヒーターが長い時間止まる傾向になりますので電力を抑えるのにとても有効な策だと言えるでしょう。

デュアルタンク構造

3つ目はデュアルタンク構造。

これまでのウォーターサーバーの内部タンクの構造は、常温の宅配水が冷水タンクに流れ込み、そこから温水タンクへ流れていくという仕組みでした。

常温の水が冷水になり、冷たい水と混ざってから温水タンクへ流れていくため、加熱するのにより大きな電力パワーが必要なのでした。
冷たい水を水温90度近くまで上げていくのですからかなりの熱量。

フレシャスのウォーターサーバーはこういった従来型サーバーの構造を改良。
冷水タンクと温水タンクを別々に分けたデュアルタンク構造に変更しました。
このことは二つのタンクの間で冷たいと熱いの熱干渉も遠ざけることにも成功。

この新しいデュアルタンク構造を採用したモデルであれば、宅配で届いたフレシャスのウォーターパックを、フレシャスのウォーターサーバーへセットした後、直接に冷水タンク・温水タンクへそれぞれ分かれて流れるようになっています。
デュアルタンク構造なのは「FRECIOUS dewo(フレシャス・デュオ)」「FRECIOUS Slat(フレシャス・スラット)」「FRECIOUS dewo mini(フレシャス・デュオミニ)」。

常温の水から直接加熱するわけですから、以前のような電力パワーを必要とせず消費電力のロスが少ない。冷水と温水の干渉もない。
結果として電気代の節約になります。
フレシャスのデュアルタンク構造

電気代を70%以上カットできるフレシャスは安い

フレシャスのウォーターサーバーでは、上記にご紹介しました3つのエコ機能、「エコモード」+「SLEEP機能」+ 「デュアルタンク構造 」、この三機能を同時に併用していくことにより、電気代を最大で70%以上カットできることが分かっています。

一般的なウォーターサーバーでは1ヶ月あたりの電気代が500円から1000円前後かかってしまいますが、それを330円前後までに下げるというイメージです。
それが「FRECIOUS dewo(フレシャス・デュオ)」で実現。

ウォータサーバー維持費のメインのひとつが電気代ですから、1か月でも、年間費用としても維持費がとても安くなる。

3つの機能で電気代が安い

フレシャスは電気代は三分の一

SIPHON+(サイフォンプラス)シリーズの電気代は高いか

フレシャスのSIPHON+(サイフォンプラス)は、デュアルタンク構造ではありません。
宅配水が冷水タンクを通ってから温水タンクに流れていく従来のタンク構造ですので、水の加熱や保温にかかる電力が大きく、それだけ電気代は高くなる傾向に。

ただ、SIPHON+(サイフォンプラス)には光センサーが搭載されており、部屋の明るさに合わせて自動で節電する機能はあります。
これにより電気代は30%カットされ、目安として1か月あたり650~750円前後が想定金額。

電気代(1か月)
FRECIOUS dewo(フレシャス デュオ) 330円/月
FRECIOUS SIPHON+(フレシャス サイフォンプラス) 750円/月

経済的観点として、維持費や節約の面で判断すれば、電気代70%カットのdewo(デュオ)に劣ります。

電気代を抑えることを意識するならフレシャスの機種の中でも、FRECIOUS dewo(フレシャス・デュオ)、FRECIOUS Slat(フレシャス・スラット)、FRECIOUS dewo mini(フレシャス・デュオミニ)、のいずれかを選ぶのが正解です。

フレシャス
ウォーターサーバーはこちら

まとめ FRECIOUS dewo(フレシャス・デュオ)の電気代

FRECIOUS dewo(フレシャス・デュオ)メタリックブラック
ウォーターサーバーの月々の費用や維持費は気になるものですし、電気代は安くしたいと考えるのは誰しも当然のこと。

機能の違いから、サーバーごとに電気代は変わってくるのですが、そもそも他社に比較してフレシャスの電気代は安いほうなのです。
ですから電気代を安く抑えたいとお考えの方がフレシャスを選ぶのは正解。

その中でもさらに可能な限り電気代を安くしたいというご希望で機種を選ぶなら、内部がデュアルタンク構造に改良されたFRECIOUS dewo(フレシャス・デュオ)、FRECIOUS Slat(フレシャス・スラット)、FRECIOUS dewo mini(フレシャス・デュオミニ)、の3機種がおすすめ。最新の機能を装備しておりますので、「エコモード」+「スリープ機能」+「デュアルタンク構造 」を活用できる。

その中でもFRECIOUS dewo(フレシャス・デュオ)が電気代を最大約70%減らし、月額330円程度の電気代に抑えることが可能になっています。

電気代が安いウォーターサーバーをお探しの方には、FRECIOUS dewo(フレシャス・デュオ)がおすすめです。

FRECIOUS dewo(フレシャス・デュオ)
→ 電気代330円/月

FRECIOUS Slat(フレシャス・スラット)
→ 電気代380円/月

FRECIOUS dewo mini(フレシャス・デュオミニ)
→ 電気代490円/月

※電気代が安いフレシャスはこちら
ウォーターサーバー「フレシャス」

フレシャス
ウォーターサーバー【公式】★

関連記事

コーヒー作り【比較】ウォーターサーバー・フレシャス「Slat+cafe」アクアクララ「AQUA WITH」
電気代で【比較】ウォーターサーバー

ウォーターサーバーは夜間、電源を切る?電気代より衛生面の問題を考えて

ウォーターサーバー活用術【おすすめ】