ウォーターサーバーの水でカビ飲んだ?注ぎ口からの雑菌で内部がカビだらけかも

ウォーターサーバーとカビの関係、衛生面でのリスクについて考えてみましょう。

ウォーターサーバーの水でカビ飲んだ?

ウォーターサーバーの水を飲んだときに、あれっ?「カビ飲んだ?」と思う
ことがあるかもしれません。

おそらく水にカビっぽい匂いがしたり、変な味だったり、ぬめりがあってたのでしょう。

水を口に含んだ瞬間に変な感じがしたらでしたらすぐに吐き出す。
絶対に飲まないように。健康被害や病気になる懸念があります。

仮にもカビの水を飲んでしまった場合、既に飲んでしまったものは仕方がありません。

念のため、もう一度だけコップに水を注ぎ直し、確認した上でやはりカビっぽいなら、
今サーバーにセットしている水容器の水は全て出し切ってそのまま流し捨ててください。

新しい水容器をセットして使えばよいのですが、その前にサポートセンターへの連絡
をしたほうがよいでしょう。

また、数日以内に、腹痛や下痢が発生した場合は病院で医師の診察を受けることを
おすすめします。

特に梅雨の季節などはカビ発生が多発しますからお気を付けください。

ウォーターサーバーがカビ臭いトラブル

ウォーターサーバーにはいくつかのトラブルが発生しますが、かび臭いと言う事例や
クレームもあります。
水を扱っているのでどうしてもカビの温床になりやすいのです。

特に梅雨時の季節や、そもそも設置場所として湿度が高い部屋など、空気がジメジメ
しているとか、カビが舞ってるような環境では、ウォーターサーバーにとってカビの
繁殖しやすい環境になってしまう。

水気があるところにカビが発生しますから、仕方ないとも言えます。

ウォーターサーバーと雑菌繁殖の危険性

ウォーターサーバーの宅配水とサーバー本体について、配送されてきた時点では
ほぼ無菌と言える。

ご自宅で使用開始した後に雑菌繁殖のリスクが高まる。
部屋の空気中には雑菌が漂っていますし、水回りで繁殖したカビ菌が空中を舞っている
こともあります。

人間自体にも雑菌がついていますから、何らかの要因でサーバー内部に雑菌が混入して
しまうと密閉空間に水や湿度という環境ですからカビ防止策は難しい。

家でもカビが発生するのは風呂もしくは台所だと思います。
つまり水があるところはカビの繁殖に最適な環境なわけで、ウォーターサーバーでは
カビの可能性をゼロにするのは困難だと知っておいてください。

ウォーターサーバーの注ぎ口からの雑菌混入に注意

雑菌やカビの最大のリスクは水容器の交換時ではなく注ぎ口

ウォーターサーバーの注ぎ口は口が開いたままになっていますので、内部とそのまま
つながっている。部屋にある空気中の雑菌がそのまま入っていけるのです。

さらに水が出てくるところですから水気には事欠きません。
カビには絶好の環境。

不定期でよいので、気が付いたら渇いた布タオルやキッチンペーパータオル、できれば
除菌タオルなどで注ぎ口の水気、水滴を拭き取るようにしましょう。
これだけでもカビの発生確率を抑えることが可能。

さらに注ぎ口の内側も綿棒を入れれば水気が取れます。

受け皿は定期的に洗って清潔にし、乾燥させておいてください。ここにカビが発生すると
舞い上がってモロに注ぎ口から入っていってしまうリスクが避けられません。

また、水やお湯をコップに注ぐとき指や手で注ぎ口の先端を触っているかもしれません。
人間の手や指先には多数の雑菌が付着してますので、可能な限り注ぎ口には触らない、
むしろ絶対に触らないという気持ちで意識してください。

もし触れてしまったら、すぐに注ぎ口を除菌タオルなどで拭くことでカビ対策になります。

ウォーターサーバーの内部がカビだらけ?

ウォーターサーバーの内部がカビだらけになるということは滅多にありませんが、
極稀に発生しています。

湿度の高い場所やカビの舞う部屋にサーバーを設置したり、セルフメンテナンスや
定期交換を怠っていると最悪のケースとしてカビだらけにもなりえる。
酷い人はゴミや虫が湧いていたということもあるという。

風呂場やトイレ台所を定期的に掃除をしていなければカビだらけになるように、
水を扱う所でのカビ発生のリスクは極めて高いのです。

ウォーターサーバーにおいて通常使用の範囲内では、こういったカビだらけのような
事態は発生しませんのでご安心ください。

サーバー内の貯水タンクは温度5度前後の冷水と90度前後の高温のお湯で満たされて
いますので、低温で雑菌は繁殖しにくく高温水で殺菌され、カビの心配もほぼありません。

内部タンクよりリスクが高いのは、水交換の時と注ぎ口の衛生面。
サーバー内へとわずかでも雑菌が入り込めば、内部の給水管パイプの中などに滞留し、
やがてカビの源へとなっていく。

カビ対策として設置場所を水回りから離して湿度の低い所にする。
そして定期的なセルフメンテナンス、お掃除は欠かさないようにしましょう。

ウォーターサーバーを殺菌消毒しておく

ウォーターサーバーを殺菌消毒することは、カビ対策として有効な手段。

しかしサーバーの内部はご自身のセルフメンテナンスでは難しいですので、
ウォーターサーバー会社が派遣する専門業者に内部クリーニングを依頼しましょう。

もしくはサーバー本体ごと交換することで解決できます。
レンタルしているサーバーは大抵がリサイクル方式になっており、工場でフィルターや
部品など交換したうえ細部までの内部クリーニングを経て、ほぼ無菌状態を維持して、
ご自宅まで配送されます。
カビ対策としてまずは万全、安心してお使いください。

使用開始以後は、サーバーの外面や、特に注ぎ口を除菌タオルや除菌スプレーをかけて
拭いて殺菌消毒するとよい。

水が変な味、腐ってる?水は腐るのか

水は無味無臭であり腐るということはありません。
しかし水の中に雑菌が混入したりカビが繁殖した結果、水が悪くなる、水質が落ちる
ということはありえます。

この場合、水の味が変に感じたり、まずい、臭い、色が変色してるといったことになる。

ここまで来てるとよほど水が悪くなっていますので、絶対に飲まないようにしてください。

宅配水の賞味期限とカビの関係

ウォーターサーバー宅配水の賞味期限は未開栓であれば半年から1年は持つとされます。

開栓しますと1か月から3か月が目安になっているものの、実際には2週間から1か月以内
に飲み切るほうがよろしい

宅配水は工場で飲み水としての処理された後、厳しい水質検査を経てほぼ無菌状態で
水容器の中に注入される。
ご自宅に届いて未開栓であれば無菌に近い状態を維持できるのですが、一旦蓋を開けて
しまうと空気中の雑菌が混入する恐れがあり、そこからカビ菌繁殖の可能性がでて
まいります。

基本的に水の雑菌リスクが少ないように設計されてはいますが、水容器を開けたら
とにかく水を1日でも早く飲み切ることが雑菌混入の機会を減らすのは言うまでも
ありません。
仮に雑菌が微量に付着してもその後の繁殖が大規模になる前に飲んでしまうほうがよい。

可能なら数日から1週間以内に水を飲みきるのがベスト。

ウォーターサーバーにも水垢ができるか

台所や浴槽、やかん等に白っぽい粉が吹き、触るとざらつきがある、これが水垢
主に水に含まれたミネラルや塩分が乾燥して堆積した状態。

ウォーターサーバーも水を扱う機械ですから水垢が発生することがあります。
但しサーバー内部に水垢が発生しますと見えません。

水垢自体はレモン汁、クエン酸、お酢などで拭き取ることができるのですが、
サーバー内部ですと手の施しようがありませんので、セルフメンテナンスではなく、
業者の訪問による専門的な内部のクリーニングを受けるか、1年~2年に1回、
サーバー本体の交換をすることで解決します。

例えば電気ポットの内部にも水垢が発生するように、すぐさま人体に有害となるわけ
ではありませんから、ひとまずはご安心ください。

水の中に白い浮遊物が・・・

ウォーターサーバーの宅配水の中に白い浮遊物がゆらゆらと漂うってるのを見たことが
あるかもしれません。

まさしく雑菌、カビ菌、あるいは小さな虫のような生き物にも見えるこの白いもの。

異物混入で水に異常があると、慌ててサポートセンターにクレームを入れそうですが、
実はこれは正常。
もともと水の中に溶け込んでいたミネラルなどの成分が、結晶化して目に見える形で
出てきただけ。
水溶性でしたが結晶化以後は非水溶性で再び溶け込むことはありません。
安全ですのでそのままお飲み下さい。

かき氷や氷を作るのは危険か

ウォーターサーバーの水で、かき氷や冷凍庫に保冷しておく普段の氷を作るのは危険
なのでしょうか。

危険ではありませんしダメと言う事はありません。

一説には衛生面で危険だと言われていますし、実際にかき氷を作って変なニオイがした
と言う方もいらっしゃいます。

ウォーターサーバーではおいしい天然水、安心安全なRO水を宅配しているわけですから、
それを使って作った氷が危険なはずもありませんし、不味いはずもありません。
むしろ水道水よりも美味しく氷ができるはずです。

しかし、カビが繁殖したウォーターサーバーでは、元の宅配水がクリーンでも、
注ぎ口から出てくる水にはカビが付着してますので、結果的に作る氷もカビのような
臭いがするというわけです。

ウォーターサーバーの衛生面とカビ対策

ウォーターサーバーの機種によっては、衛生面カビ対策を考え、
殺菌作用や雑菌の繁殖を防げる優れた衛生対策機能を装備したモデルもある。
ウォーターサーバーのカビ対策にお悩みの方、気になる方におすすめします。

フレシャスの衛生面とカビ対策

フレシャスではフレッシュ機能としてサーバー内に温水を定期的に循環させている。

宅配水は真空のウォーターパックであり、サーバー内もエアレス構造。
空気からの雑菌混入の可能性は極めて低い、とても安全性が高い。
カビ対策にもおすすめ。

【エアレス】フレシャス(frecious)ウォーターサーバー
※フレシャスはこちら
ウォーターサーバー「フレシャス」

フレシャス
【公式】ウォーターサーバー

プレミアムウォーターの衛生面とカビ対策

プレミアムウォーターでは加熱クリーンシステムとして稼働中にタンク内を熱殺菌。
衛生面が保たれる。

宅配水の容器は伸縮型のペットボトルなので飲み切るまで縮んでいき、
外からの空気が入りにくく雑菌混入の可能性を減らしている。

【伸縮型】プレミアムウォーター(ウォーターサーバー)
※プレミアムウォーターはこちら
プレミアムウォーター

プレミアムウォーター
【公式】ウォーターサーバー

コスモウォーターの衛生面とカビ対策

コスモウォーターは、入った外気をサーバー内部でクリーンにする機能と、
48時間ごとに熱水をサーバー内で循環させてクリーンに保つ機能の
Wクリーン機能を装備していますので衛生面が保たれる。

天然水を加熱殺菌を行っており、味わいよりも安全性を優先。
より不純物が少なく安全性の高いおいしい天然水だと言える。

【加熱】コスモウォーター(ウォーターサーバー)
※コスモウォーターはこちら
天然水の宅配サービス【コスモウォーター】 ウォーターサーバーお申込みプログラム

コスモウォーター
【公式】ウォーターサーバー

アクアクララの衛生面とカビ対策

アクアクララの宅配水はRO水。
水の中に不純物は皆無で水分子しかないピュアウォーター・純水。
カビが発生する可能性は天然水に比較して極めて低いうえ、
消費期限や保管期間も長い、安心安全な水。

[RO水]アクアクララ(ウォーターサーバー)
※アクラクララ(RO水)はこちら
アクアクララ

アクアクララ
【公式】ウォーターサーバー★

クリクラの衛生面とカビ対策

クリクラの宅配水はRO水。
水の中に不純物は皆無で水分子しかないピュアウォーター・純水。
カビが発生する可能性は天然水に比較して極めて低いうえ、
消費期限や保管期間も長い、安心安全な水。

[RO水]クリクラ(ウォーターサーバー)
※クリクラ(RO水)はこちら

クリクラ
【公式】ウォータサーバー★

関連記事

ウォーターサーバー電源を切ってoffにしてもよいの?電源オフの方法は?
ウォーターサーバーのお湯がぬるい、正しい温度は何℃なの?
赤ちゃんの白湯をウォーターサーバーのお湯で作っても大丈夫?
ウォーターサーバーのお湯は腐る?お湯だけ臭い時はどうするべきか
ピュアウォーターのメリットとデメリット。
RO水は赤ちゃんのミルク作りにも安全な純水・ピュアウォーター

ウォーターサーバーに自分で水道水を入れるとどうなる?宅配水やペットボトルとの違い
情弱か情強か。ウォーターサーバーが胡散臭い5つの理由

ウォーターサーバー活用術【おすすめ】

ウォーターサーバー比較under_text

☆ウォーターサーバー活用術【おすすめ】━・・・━◆◇◆◇

グッドデザイン賞受賞おしゃれなデザインの外観
衛生面に優れたサーバーでおいしい天然水が飲める。
【フレシャス】(frecious)ウォーターサーバー

ボトル足元らくらく交換。おいしい家族の天然水。
コスモウォーター(cosmo water)ウォーターサーバー

お好みの天然水をお選びいただけます。
プレミアムウォーター(PREMIUM WATER)

安心安全なRO水でコストが安い。
おいしい水のアクアクララ【限定キャンペーン実施中!】

人気のウォーターサーバーはこちら
ウォーターサーバー比較under_pic