ルームシェアでウォーターサーバーを共用。シェアハウスでもウォーターサーバーは使える?

ルームシェアでウォーターサーバーを共用する方法について考えてみましょう。

また、シェアハウスでもウォーターサーバーは使えるのか気になります。

ルームシェアでウォーターサーバーを共用する

ルームシェアでウォーターサーバーを共用するのはとてもよいアイデア。

ふたり以上の人数でルームシェアすることは、一人暮らしの場合より冷水やお湯の使用量が増えますから定期配送の宅配水も滞りなく活用でき、いつでも冷水やお湯が使えますので、むしろあったほうが便利だと言えます。

元々ウォーターサーバーというのは商業用に開発され、店舗や事務所などで多人数が使う前提がありました。それが今では家庭用にもなり、5人のご家族でも一人暮らしの方でもご自宅でウォーターサーバーを使っています。

ルームシェアとは?

ルームシェアとは二人以上の複数人で1つの賃貸の部屋や家などを借りて、共同生活に近い暮らしをすること。結果としてトイレ・風呂・キッチンなどは共用となります。

主に知人・友人・兄弟など知っているもの同士で暮らすのであり、一緒に住む人をルームメイトと呼びます。

ルームシェアで共同ウォーターサーバーを共用するメリットとデメリット

ルームシェアすることで家賃や光熱費の負担を分担して安くできることと同様、ウォーターサーバーの費用も分割するでしょうから、維持費や水代金をより安く使っていけることがメリット。
ふたり以上ですから無駄に水が余ることもないでしょうし、一人暮らしより広い部屋と間取りになることも、設置場所スペースが無いとか部屋が狭くなるという問題が解消される。
どちらかが外出中でも、在宅者の方によって水の消費が続きますし、宅配水の受け取りもできる。

デメリットは特にありませんが、使いたいウォーターサーバーや飲みたい天然水の種類がルームメイト同士で異なると譲歩しなくてはならないことがあるかもしれません。

ルームシェアでウォーターサーバーを共有するとトラブルはないか

ルームシェアで一緒に住むルームメイト同士は顔見知り、知った者同士ですから、ウォーターサーバーを共有しても特にトラブルはありません。

但し、どちらか一方がウォーターサーバーを導入することに反対していた場合は、それが後のトラブルにつながる可能性はあります。

シェアハウスでもウォーターサーバーは使える?

シェアハウスは主にそのオーナーが提供している住居スペースですので、自分自身の所有物や荷物の持ち込みは限定されます。

シェアハウスでウォーターサーバーを使うとすれば、そのオーナーさんが既に用意したウォーターサーバーを使うことになるでしょう。

すなわちウォーターサーバーを共用設備として導入して設置してあるシェアハウスであればウォーターサーバーを使えると言えます。

シェアハウスとは?

シェアハウスとは一つの住まいを二人以上の複数人で使う賃貸の家や施設。
それぞれの部屋は用意されていますが、トイレ・風呂・キッチンなどは共用となります。

オーナーである大家さんや業者がシェアハウス専用に運営しており、希望する人が入居しますので他人同士であることが多い。

学生寮や学生会館、会社の社員寮などの寮生活も共用スペースがあればシェアハウスに似ている。

シェアハウスで共同ウォーターサーバーを共用するメリットとデメリット

シェアハウスで共同ウォーターサーバーを共用する場合、共用のリビングやキッチンなどに設置されていますから、少人数のシェアハウスなら冷蔵庫などと同じように使う。
大規模で大人数が居住するシェアハウスでは店舗や病院の待合室またはホテルのロビーや飲食スペースに設置されたウォーターサーバーのような感じになるかと思います。

メリットは、自分でウォーターサーバーを探したり契約したり、代金を支払う必要がない。

デメリットとしては、水やお湯をコップに注ぐごとにウォーターサーバーが設置されている共用スペースまで行かなくてはならないこと。
水切れしても追加注文してまで使うことはできないかもしれません。

そもそもご自分の希望するウォーターサーバーを設置することはできない可能性が高い。
それから自分の部屋はもちろん共用スペースでも、ご自身で契約するウォーターサーバーを設置することは許可されないでしょう。

つまりシェアハウスでウォーターサーバーを使いたいのであれば、設備や備品としてウォーターサーバーが導入済の物件に入居することです。

シェアハウスでウォーターサーバーを共有するとトラブルはないか

シェアハウスでは知らない他人同士が住んでいることが多いですから、マナーが悪い人が大量に水やお湯を使って水切れしたり、そのまま水交換がされてなくて使えないといったトラブルはありえます。

あるいは、荒っぽい使い方でウォーターサーバーを汚したり、いたずらして故障させるといったトラブルもありえます。

ウォーターサーバーを二人暮らしで使う水の量とコスパ

ウォーターサーバーをルームシェアなどの二人暮らしで使う場合の水の量とコスパが気になる方もおられるでしょう。

人間が必要とする水分摂取量の目安から、水を1日に1~1.5L程度飲むべきとされています。
これを1か月に換算しますと、30~45Lということになりますが、必ずしも在宅時に飲むとは限らず、外出時にも水分を補給していますから、実際にはウォーターサーバーの水をそこまで多く消費しない。また、食事の食材からも水分は補給できています。

ウォーターサーバーでは一般的に1か月でご家族1人あたりガロンボトル1本で計算するとちょうどよいくらいになると言われています。

ウォーターサーバーでは1本のガロンボトルが2本セットで1か月のノルマになっていることが多く、これは水の量で12L×2本=24L。
つまり12L×2本=24Lは二人暮らしで使う1か月のウォーターサーバーの水の量としては最適と言えます。

在宅で仕事をされている方や、ほとんどが在宅という方であれば、ウォーターサーバーの水の消費量も増えます。
逆に、ほとんど在宅しないという方にとっては、なかなかウォーターサーバーの水が減らないから余るという自体も考慮しなくてはなりません。

その点、ルームシェアやシェアハウスなど、二人暮らし、あるいは二人以上で1つのウォーターサーバーを共用する場合、常に誰かが利用する可能性が高いため、毎月の水のノルマは問題なくクリアしていけます。むしろ不足して追加注文することすらあるでしょう。

よってウォーターサーバーを二人暮らしで使うのはコスパよいと言えます。

ウォーターサーバーを一人暮らしで使う水の量とコスパ

ウォーターサーバーを一人暮らしで使う水の量は、先にご説明しました通り、12L×2本=24Lは多い可能性があります。

在宅時間が長い、もしくはほぼ全て在宅という方であれば、1か月の24Lは水分補給の30~45Lで考えても余裕で消費できるでしょう。

また、飲み水としてだけでなく、料理の際に炊飯や味噌汁スープ作り、カップ麺を作るなどすれば水の消費量を増やせます。

それでも使い切らないという方は、コーヒー、お茶、紅茶などを作って、マイボトルに入れて外出先でも飲むといった工夫をすると、さらに水の消費量を増やして使い切ることが可能になってきます。

ウォーターサーバーは一人暮らしで使う方も少なくない珍しくはない。
ひとりで毎月のノルマが絶対に使いきれないような水の量ではありません。

あるいは余った水は災害時や非常時のための備蓄水として保存しておいても有効に活用できます。

ウォーターサーバーを一人暮らしで使うコスパは悪くありません。
ただ、ルームシェアやシェアハウスなど二人以上で使うほうがコスパはさらによくなります。

ウォーターサーバーはノルマなしのほうがよいの?

ウォーターサーバーでは毎月の宅配水にノルマなしのものもありますが、その場合、大抵はウォーターサーバーを買取、買い切りタイプで購入になることが多い。

ノルマなしだから今月も水を注文しなくてもよいと思えば、そのまま使わなくなってしまいます。つまりウォーターサーバーを設置している意味がないと言えます。

大抵のウォーターサーバーでは宅配水のノルマがある代わりに、ウォーターサーバーのレンタル代金や配送料が無料でサービス提供されます。
トータルの出費で考えますと、最初の数年くらいのコストはほぼ同じ。
ノルマなし、ウォーターサーバー購入でお得になるのは数年後以降のこと。

ノルマありで定期的に届く水が使いきれないと心配されるかもしれませんが、水は飲み水だけでなく、料理やコーヒーなどのドリンク作りにも使えますので、不要になることはまずありません。
そもそも水を全く飲まないということも考えられないでしょう。

もちろん水の定期配送において一時的な休止や、スキップ、注文する水の量は変更できますのでご安心ください。

ウォーターサーバーの宅配水はノルマがあるタイプをおすすめします。

ルームシェアやシェアハウスで使うウォーターサーバーおすすめ

ルームシェアやシェアハウスなど、ふたり以上で使うウォーターサーバーのおすすめをご紹介します。

プレミアムウォーターをルームシェアやシェアハウスで使う

プレミアムウォーターでは、デザイン家電とコラボした「cado×PREMIUM WATER」のような、おしゃれなデザインのサーバーがありますので、設置すればインテリア家具のように部屋やシェアハウス共用スペースの印象がよくなる。
そして厳選された源水を非加熱処理で提供。おいしい天然水が飲める。

プレミアムウォーターはルームシェアやシェアハウスで使うのに適していると言えるでしょう。

プレミアムウォーターをルームシェアやシェアハウスで使う
※プレミアムウォーターはこちら
プレミアムウォーター

プレミアムウォーター
【公式】ウォーターサーバー

フレシャスをルームシェアやシェアハウスで使う

フレシャスでは、グッドデザイン賞受賞のおしゃれなデザインのサーバーを複数揃えていますので、設置すればインテリア家具のように部屋やシェアハウス共用スペースの印象がよくなる。
そして厳選された源水からの、おいしい天然水が飲める。

フレシャスはルームシェアやシェアハウスで使うのに適していると言えるでしょう。

フレシャス(frecious)をルームシェアやシェアハウスで使う
※フレシャスはこちら
ウォーターサーバー「フレシャス」

フレシャス
【公式】ウォーターサーバー

コスモウォーターをルームシェアやシェアハウスで使う

コスモウォーターは宅配水の足元交換ができますので、水交換回数が多い大人数のシェアハウスでも楽。
ケトル着脱式の「ECOTTO」サーバーではみんなとコーヒーを分けて飲めるから、ルームシェアやシェアハウスで便利。
もちろん基本機能では厳選された源水からの、おいしい天然水が飲める。

コスモウォーターはルームシェアやシェアハウスで使うのに適していると言えるでしょう。

コスモウォーターをルームシェアやシェアハウスで使う
※コスモウォーターはこちら
天然水の宅配サービス【コスモウォーター】 ウォーターサーバーお申込みプログラム

コスモウォーター
【公式】ウォーターサーバー

アクアクララをルームシェアやシェアハウスで使う

アクアクララはRO水。
RO水は不純物の無い水ですので安全のために選ぶ方が多く、水の代金が安いことから大人数のシェアハウスにも導入しやすい。

アクアクララはルームシェアやシェアハウスで使うのに適していると言えるでしょう。

[RO水]アクアクララをルームシェアやシェアハウスで使う
※アクラクララ(RO水)はこちら
アクアクララ

アクアクララ
【公式】ウォーターサーバー★

クリクラをルームシェアやシェアハウスで使う

クリクラはRO水。
RO水は不純物の無い水ですので安全のために選ぶ方が多く、水の代金が安いことから大人数のシェアハウスにも導入しやすい。

クリクラはルームシェアやシェアハウスで使うのに適していると言えるでしょう。

[RO水]クリクラをルームシェアやシェアハウスで使う
※クリクラ(RO水)はこちら
ウォーターサーバー 「クリクラ」本契約

クリクラ
【公式】ウォーターサーバー★

関連記事

ウォーターサーバーは無駄遣い?レンタル無料だから買うか迷うことはない
ウォーターサーバー飲みきれない水とその有効な活用法
ウォーターサーバーの水をマイボトルに入れて外へ持ち歩こう。水筒に入れて外出先やオフィスや学校で飲む活用法
ウォーターサーバー定期配送で水が足りない、追加注文で購入できる?
ウォーターサーバーで作るコーヒー・紅茶・お茶┃お湯の温度と入れ方
ウォーターサーバーお湯でカップラーメンを作る温度は何度?熱湯としては、ぬるい?
ウォーターサーバーでアース線つけないと感電する危険性があるか
ウォーターサーバー水漏れの原因は?修理するのに保証や損害賠償はあるか

ウォーターサーバー活用術【おすすめ】
☆ウォーターサーバー活用術【おすすめ】━・・・━◆◇◆◇

厳選されたおいしい天然水からお選びいただけます。
洗練されたサーバーデザイン。かんたんお手入れ。
【プレミアムウォーター】(PREMIUM WATER)ウォーターサーバー

グッドデザイン賞受賞おしゃれなデザインの外観。
衛生面に優れたサーバーでおいしい天然水が飲める。
【フレシャス】(frecious)ウォーターサーバー

水ボトル足元らくらく交換。おいしい家族の天然水。
最寄りの採水地から天然水を直送。
【コスモウォーター】(cosmo water)ウォーターサーバー

安心安全なRO水でコストが安い。
プレゼント特典付きキャンペーンあり。
【アクアクララ】(AquaClara)ウォーターサーバー

【コーヒーメーカー】(一体型)
【コーヒーメーカー】
コーヒーメーカーと一体型のウォーターサーバーが登場♪
最新機種を比較してみました。

コーヒー作り【比較】ウォーターサーバー・フレシャス「Slat+cafe」アクアクララ「AQUA WITH」