ウォーターサーバーでカップ焼きそばを作る。冷水とお湯の使い道を工夫してみよう

ウォーターサーバーでカップ焼きそばを作る方法について。

ウォーターサーバーでカップ焼きそばを作る方法


ウォーターサーバーのお湯を使ってカップ焼きそばを作ることができます。

ウォーターサーバーのお湯の温度は85℃前後で設定され保温されています。
カップ麺やカップ焼きそばは100℃の沸騰したお湯が最適ですので、作る前に一度、リヒート機能で再加熱してから、最高温度付近でお湯を注ぐほうがよりおいしく作れるコツだと言えます。

仮にも再加熱することを忘れてしまっても、普通にカップ焼きそばは作れますのでご安心ください。

同様にして、カップらーめん、カップうどん、カップそば等も調理可能。

カップ焼きそばをウォーターサーバーの冷水や常温水で作れる?


カップ焼きそばを冷水や常温水で作れるかどうか。

実はカップラーメンもそうですが、カップ焼きそばも冷水や常温水、すなわち普通の水から作れます。
乾燥めんに水分を吸わせてほぐして調理していく原理なのですが、それが熱湯であることで、分子の運動量が大きくなり、3分間で出来上がるというだけなのです。

水温が低いほど分子の動きが小さいため、その分だけ乾燥めんをほぐす時間がかかる。
調理時間、待ち時間は長くなりますが、ウォーターサーバーの冷水をカップ焼きそばに注ぎこみ、20分ほどそのまま待ってください。
おそらく食べれる程度に麺がほぐれて、できているかと思います。
インスタント焼きそばで水を吸いきれていなければ、余った水は流して捨てる。
これで完成。お湯から作った場合と同じくカップ焼きそばを食べることができます。
ただ、麺の温度が低いので違和感を感じるかもしれません。

常温の水や冷水からでも袋麺、カップ麺、カップ焼きそばが作れるというのは、災害時などお湯が沸かせない環境にある非常事態にも役に立つ調理法ですので覚えておくとよいでしょう。

カップ焼きそばで使う水の量


カップ焼きそばで使う水の量は400ml以上。
500mlとなることも普通であり、大盛りですと600mlを超えることもあります。

ウォーターサーバーの水容器ボトル1本は、12Lが基本で、小型サイズですと7~8L。
カップ焼きそばが10回以上は作れる計算であり、ガロンボトルなら20回以上。
カップ焼きそばの調理で使うお湯の量に十分足りることがわかります。

しかし、水切れして次のボトルに交換するタイミングが近い可能性がある場合、止めておいたほうがよいかもしれません。
中途半端にカップ焼きそばの中へお湯を注いで不足すると失敗してしまう。
水容器のボトルを交換する時間も必要ですが、次の新しいボトルをセットしてから、加熱して熱湯が出来上がるまで40分ほど待つことになります。これでは間に合わない。

最悪の場合、先の水からカップ焼きそばを作る方法を用いて、お湯の不足分に関して水道水を足すか、ボトル交換したウォーターサーバーの冷水を足して、20分間ほど待ってからお召し上がりください。

ウォーターサーバーでカップ焼きそばを作ると水切りでお湯が無駄?


ウォーターサーバーでカップ焼きそばを作ると、最終的に水切り湯切りでお湯が流されて捨てられているので無駄になる、おいしい天然水がもったいないというご意見もあるようです。

しかしカップ麺をウォーターサーバーのお湯で作っても、スープを全て飲み干すとは限りませんし、毎月のノルマから水が余ってしまっている一人暮らしの方などには多少捨てることになっても有効な使い方のひとつかと考えられます。

湯切りでウォーターサーバーの宅配水を捨てたも同然、とは言いましても、乾燥めんに水が吸収されておりますので、水道水よりもおいしいカップ焼きそばができていると考えますと、全てが無駄になったとは言い切れないはず。

一方で、ウォーターサーバーのおいしい天然水は飲んで味わいたいというご意見もその通りであります。
気が進まないという方は、ウォーターサーバーでカップ焼きそばを作るのは止めておきましょう。

ウォーターサーバーで冷水の使い道


ウォーターサーバーで冷水の使い道はいろいろあります。
ご説明しましたように、カップ焼きそばやカップ麺は水からでも作ることが可能。

ウォーターサーバーの冷水は5℃~10℃に設定されており、コップに注いでそのまま飲むのに適温になっています、いつでもすぐ飲めるのが便利。外出から帰宅した直後、風呂上り、運動した後などは健康維持のためにも水分補給しましょう。

冷蔵庫で水を冷やしておくから必要ないというご意見もありますが、冷蔵庫での保冷は人間んが飲むには冷たすぎますので、少し待ってから飲むことになり、やや不便。
冷蔵庫の中の嫌なニオイが水についてしまうのも避けたい。

飲む以外では料理に使える。煮物や味噌汁、スープなどを作るときに。
炊飯にも使える。米が美味しく炊ける。

また、ウォーターサーバーの天然水やRO水の水質のよさを活かして、洗顔や化粧水作りに活用されている女性もいらっしゃるようです。

ウォーターサーバーでお湯の使い道


ウォーターサーバーでお湯の使い道は多い。
今回の記事のようにカップ焼きそばやカップ麺を作ったことがあるかもしれません。

一般的には、コーヒーや紅茶、緑茶を入れたりするイメージがあるかと思います。
その通りで、インスタントの粉などでホットドリンクを作ることが可能。
同じようにスープや味噌汁も作れますので、急いでいるときも含めて、いつでもお湯が使えるのは便利。
焼酎やウィスキーなど、酒のお湯割りも使い道のひとつ。

ウォーターサーバーのお湯にはエコモード(省エネモード)を装備しているものもあり、通常80℃~85℃程度で保温している状態から、少し低めの70℃前後で保温する。
こちらのお湯ですと、コップに注いで少し待つだけで白湯として飲める。
赤ちゃんのミルク作りにも使いやすい。

ウォーターサーバーのお湯で熱湯は出せる?


ウォーターサーバーのお湯は一般的に温度が80~90度前後に設定されている。
ほとんどは水温85度前後付近。

95℃以上のお湯が出るウォーターサーバーは日本国内においてはほぼありませんから、沸騰した100℃のお湯を作ることはできないと言えます。

ウォーターサーバーで熱湯が必要な場合は、リヒート機能で再加熱すれば最も高温のお湯になります。水温は85℃もしくは90℃にも達する。
カップ焼きそば、カップ麺を作る場合には活用したい。

ウォーターサーバーのお湯がぬるいと故障なの?

ウォーターサーバーの初回使用開始時や、水容器ボトル交換の直後はお湯ができるまで少し時間がかかる。
加熱が終わって保温に切り替わるまで30分~40分ほど待つ。

使用中にもお湯がぬるいなら、リヒート機能で再加熱してみてください。
数分~10分で加熱されます。

それでもお湯がぬるいようなら故障の可能性もありますが、改めて電源や温水ボタン、動作ランプの状態などをご確認ください。

先までお湯が出ていたのなら、お湯を出す量が多過ぎるのかもしれません。
一定量ごとに加熱していますので加熱が間に合っていない可能性があります。
しばらく待ってから、少しづつお湯を使うようにしてみてください。

ウォーターサーバーのお湯が臭いとき

ウォーターサーバーのお湯が臭い、ニオイが気になるのであれば、冷水も確かめてみてください。

冷水も臭いならサーバー内にカビや雑菌が繁殖するなど衛生面で問題が発生している可能性があります。

冷水は大丈夫だがお湯だけが臭いという場合には勘違いかもしれません。
どうしても湯気でニオイを感じやすいですし、冷ましてぬるま湯になった場合も不味く感じることがある。

お湯が臭さが気になるのであれば、一度ウォーターサーバーのカスタマーセンター、サポートセンターへお問い合わせください。

アクアクララの熱湯でカップ焼きそば・カップ麺を作る

アクアクララのウォーターサーバーには、再加熱(リヒート機能)がある。
再加熱にかかる時間は約90秒で、およそ85~90℃のお湯ができる。
アクアクララの熱湯でカップ焼きそば・カップ麺を作ることができます。

アクアクララ(リヒート機能)
再加熱時間 :90秒
水温:85~90℃
「アクア・アドバンス」

【90℃】アクアクララ【再加熱・リヒート機能あり】
※アクラクララ(RO水)はこちら
アクアクララ

アクアクララ
【公式】ウォーターサーバー★

フレシャスの熱湯でカップ焼きそば・カップ麺を作る

フレシャスのウォーターサーバーには、再加熱(リヒート機能)がある。
再加熱にかかる時間は約3~4分で、およそ85~93℃のお湯ができる。
フレシャスの熱湯でカップ焼きそば・カップ麺を作ることができます。

フレシャス(リヒート機能)
再加熱時間 :3~4分
水温:85~93℃
「スラット」Slat

【93℃】フレシャス(frecious)【再加熱・リヒート機能あり】
※フレシャスはこちら
ウォーターサーバー「フレシャス」

フレシャス
【公式】ウォーターサーバー

プレミアムウォーターの熱湯でカップ焼きそば・カップ麺を作る

プレミアムウォーターのウォーターサーバーには、再加熱(リヒート機能)がある。
再加熱にかかる時間は約5分で、およそ90℃のお湯ができる。
プレミアムウォーターの熱湯でカップ焼きそば・カップ麺を作ることができます。

プレミアムウォーター(リヒート機能)
再加熱時間 :5分
水温:90℃
「cado×PREMIUMWATER」

【90℃】プレミアムウォーター(ウォーターサーバー)【再加熱・リヒート機能あり】
※プレミアムウォーターはこちら
プレミアムウォーター

プレミアムウォーター
【公式】ウォーターサーバー

コスモウォーターの熱湯でカップ焼きそば・カップ麺を作る

コスモウォーターのウォーターサーバーには再加熱するリヒート機能はありませんが、
お湯の温度としては、80℃~90℃で保温されておりますので、カップ焼きそば・カップ麺を作ることができます。

コスモウォーター(リヒート機能なし)
水温:80~90℃
「smartプラス」

【80-90℃】コスモウォーター(ウォーターサーバー)
※コスモウォーターはこちら
天然水の宅配サービス【コスモウォーター】 ウォーターサーバーお申込みプログラム

コスモウォーター
【公式】ウォーターサーバー

関連記事

ウォーターサーバーのお湯が出ないときは故障なの?
粉ミルクとウォーターサーバーのお湯に冷水をそのまま入れてミルク作り大丈夫?だめ?
ウォーターサーバーお湯を使わないなら、冷水のみ使用で電気代が安い?
赤ちゃんの白湯をウォーターサーバーのお湯で作っても大丈夫?
ウォーターサーバーのお湯で白湯ダイエット効果を。1週間で5kg痩せたって本当?

ウォーターサーバー活用術【おすすめ】

ウォーターサーバー比較under_text

☆ウォーターサーバー活用術【おすすめ】━・・・━◆◇◆◇

グッドデザイン賞受賞おしゃれなデザインの外観
衛生面に優れたサーバーでおいしい天然水が飲める。
【フレシャス】(frecious)ウォーターサーバー

ボトル足元らくらく交換。おいしい家族の天然水。
コスモウォーター(cosmo water)ウォーターサーバー

お好みの天然水をお選びいただけます。
プレミアムウォーター(PREMIUM WATER)

安心安全なRO水でコストが安い。
おいしい水のアクアクララ【限定キャンペーン実施中!】

人気のウォーターサーバーはこちら
ウォーターサーバー比較under_pic