ウォーターサーバーお湯の再加熱にかかる時間は?リヒート機能で比較

ウォーターサーバーお湯の再加熱にかかる時間はどのくらいでしょうか。

リヒート機能で比較してみました。

リヒート機能で比較

ウォーターサーバー リヒート機能 再加熱した水温
【コスモウォーター】
ECOTTO(エコット)
100℃
【アクアクララ】
AQUA WITH(アクアウィズ)
95℃
【アクアクララ】
AQUA ADVANCE(アクアアドバンス)
95℃
【フレシャス】
Slat(スラット)
約90℃
【フレシャス】
Slat+cafe(スラットカフェ)
約90℃
【プレミアムウォーター】
cado×PREMIUM WATER ウォーターサーバー
約90℃
【プレミアムウォーター】
QuOL(キュオル)
約90℃
【コスモウォーター】
smartプラス
× (なし)
【アクアクララ】
AQUA FAB(アクアファブ)
× (なし)
【アクアクララ】
AQUA SLIM(アクアスリム)
× (なし)
【アクアクララ】
AQUA SLIM S(アクアスリムS)
× (なし)
【アクアクララ】
MY PANEL(マイパネ)
× (なし)

リヒート機能を重視してウォーターサーバーを選ぶのであれば、
アクアクララの「AQUA ADVANCE(アクアアドバンス)」と「AQUA WITH(アクアウィズ)」がおすすめ。約90秒で95℃のお湯ができます。

但し、「AQUA WITH(アクアウィズ)」はウォーターサーバーとコーヒーマシンの機能を兼ね備えた複合的なサーバーですので、
一般的なウォーターサーバーをご希望であれば「AQUA ADVANCE(アクアアドバンス)」のほうがよいと言えるでしょう。

また、アクアクララはRO水を提供しています。

天然水がご希望でれば、コスモウォーターの「ECOTTO(エコット)」がおすすめ。
但し、こちらもコーヒーメーカーとしての機能を持つ複合型。
しかも付属のケトルでお湯を沸かすというのもかなり特殊なタイプ。
ケトルを使うことで100℃のお湯を作れる唯一のウォーターサーバーというメリットはあります。

一般的なウォーターサーバーで、天然水がよいのであれば、リヒート機能を活用できるのは、
フレシャス「Slat(スラット)」や
プレミアムウォータ-「cado×PREMIUM WATER ウォーターサーバー」ということになります。

再加熱、リヒート機能とは?

ウォーターサーバーでは冷水とお湯の両方が使える。
お湯(温水)のほうは、多くの場合85℃前後で保温されています。

宅配水で届いた常温の水をウォーターサーバーにセットすることで、加熱され保温されているのです。ただ、時間経過とともに、やや冷めて水温が若干落ちていることもある。

そこで再加熱することで、再び最高温度にすることが可能。
これがリヒート機能。

ウォーターサーバーお湯の再加熱にかかる時間

ウォーターサーバーを導入して、初めて水をセットして温水スイッチをONにしたときや、次の新しい水容器のボトルに交換した直後は、お湯への加熱に30分~40分かかる。
しばらく待つことになります。

その後、サーバーのタンクの中で既に加熱し保温されているお湯を再加熱するのであれば、時間は数分ほどで済む。
水温はすぐに最高温度へ到達。

ウォーターサーバーのリヒート機能で比較

ウォーターサーバーで再加熱(リヒート機能)を装備しているものは実は少数派。
代表的なものでは、アクアクララ、フレシャス、プレミアムウォーターがある。

リヒート機能が無くても、80℃~85℃のお湯が保温されているので問題ありませんが、お湯をよく使う方や、カップ麺を作る目的もあるのなら、あると便利。

アクアクララの再加熱(「アクア・アドバンス」にリヒート機能)

アクアクララのウォーターサーバーには、再加熱(リヒート機能)がある。
再加熱にかかる時間は約90秒で、およそ85~90℃から95℃のお湯ができる。

アクアクララ(リヒート機能)
再加熱時間 :90秒
水温:85~90℃から95℃へ
「アクア・アドバンス」

【再加熱】アクアクララ【リヒート機能あり】
※アクラクララ(RO水)はこちら
アクアクララ

アクアクララ
【公式】ウォーターサーバー★

フレシャスの再加熱(スラットにリヒート機能あり)

フレシャスのウォーターサーバーには、再加熱(リヒート機能)がある。
再加熱にかかる時間は約3~4分で、およそ85~93℃のお湯ができる。

フレシャス(リヒート機能)
再加熱時間 :3~4分
水温:85~93℃
「スラット」Slat

【再加熱】フレシャス(frecious)【リヒート機能あり】
※フレシャスはこちら
ウォーターサーバー「フレシャス」

フレシャス
【公式】ウォーターサーバー

プレミアムウォーターの再加熱(「cado×PREMIUMWATER」にリヒート機能あり)

プレミアムウォーターのウォーターサーバーには、再加熱(リヒート機能)がある。
再加熱にかかる時間は約5分で、およそ90℃のお湯ができる。

プレミアムウォーター(リヒート機能)
再加熱時間 :5分
水温:90℃
「cado×PREMIUMWATER」

【再加熱】プレミアムウォーター(ウォーターサーバー)【リヒート機能あり】
※プレミアムウォーターはこちら
プレミアムウォーター

プレミアムウォーター
【公式】ウォーターサーバー

コスモウォーターには再加熱(smartプラスにはリヒート機能がない)

コスモウォーターのウォーターサーバーには再加熱するリヒート機能はありません。
お湯の温度としては、80℃~90℃で保温されている。

コスモウォーター(リヒート機能なし)
水温:80~90℃
「smartプラス」

ウォーターサーバーのお湯の温度は?熱湯は出るのか

ウォーターサーバーではお湯の温度が80~90度前後に設定されていることが多い。
90℃とは言いましても、そこまで加熱できるものは少なく、85度前後までの加熱を行うものが一般的になっています。
95℃以上のお湯が出るウォーターサーバーは日本国内においてはほぼありません。

よって、ウォーターサーバーの温水で熱湯は出ます。
その際、リヒート機能で再加熱した直後が最も高温の熱湯が注がれる。

ウォーターサーバーのお湯でカップラーメンは作れる?

ウォーターサーバーのお湯でカップラーメンは作れます。
カップ麺は熱湯で作ることが推奨されており、水温60℃~85℃以下のお湯でカップラーメンを作ると失敗するという。

ウォーターサーバーでカップラーメンを作るときには、直前にリヒート機能で再加熱してから、なるべく最高温度付近で注ぐほうが失敗せず、美味しく作れるでしょう。

コーヒー・紅茶を作るときにはリヒート機能で再加熱を

コーヒーを作るときの最適な水温は85~90℃だとされており、ちょうどウォーターサーバーのお湯の水温に近い。

緑茶(煎茶)を作るときの最適な水温は70~80℃ですので、ウォーターサーバーのお湯で言えば、少し冷ました程度か、エコモードで保温されたお湯の温度に近い。

紅茶を作るときの最適な水温は100℃が理想的だと言われていますが、70~80℃で渋みが抑えめの味になると言われていますので、渋さが苦手な方はウォーターサーバーのお湯を少しだけ冷ました程度で作ってみてください。

コーヒーや、渋さを含む紅茶を作る場合には、ウォーターサーバーのリヒート機能で再加熱してから作ると、おいしくなるでしょう。

ウォーターサーバーでお湯が出ない場合は故障なの?

ウォーターサーバーでお湯が出ないとき、冷水も出ないのなら、水が無くなっているか、残りの水が極わずかという可能性があります。
宅配水を次の新しいボトル容器に変えてみることです。

お湯がぬるいのであればリヒート機能で再加熱してみる。
エコモードになっていたなら解除してください。

そもそも電源がはずれていて電力が無く、加熱や保温、ポンプが停止して水の供給ができないだけなのかもしれません。
電源ケーブルやコンセント、ボタンのON/OFFやランプの点灯状態などを再確認してみましょう。お昼間なら停電に気づいていないだけかもしれません。

エコモード(省エネモード)で電気代の節約

お湯にエコモード、あるいは省エネモードを装備しているウォーターサーバーもある。
熱湯に比較して低い温度で保つ、やや低めか、ぬるい程度のお湯で保たれるモード。
水温としては60℃~75℃くらいで保温されています。

常温の水から加熱して保温するわけですから、水温が高いほど電力が必要になるわけです。
電気代も上がっていく傾向になってしまう。
すなわちエコモードで電気代が下がり節約につながる、経済的でお財布に優しい。

使い方としても、少し冷まして白湯を作る、赤ちゃんのミルクを作るときなどに、このくらいの水温のほうが便利なのです。

でも、ぬるいお湯は困るというご意見もあるかもしれません。
それならエコモードは使わなければよいだけ。
あるいはエコモードを解除すれば、通常の85℃前後のお湯に戻りますので大丈夫。
急ぎで熱湯が必要な場合にはリヒート機能ですぐに再加熱すればよいでしょう。

ウォーターサーバーで再加熱するなら天然水かRO水か

ウォーターサーバーで再加熱するとしても天然水とRO水でどちらが適しているか迷う方もいらしゃるかもしれませんが、どちらでも同じ、変わりません。
RO水とは、超微細な逆浸透膜でフィルタリングした純水のこと。水分子だけで構成され不純物が全くない安全な水として人気があります。

熱湯を使うことに合わせて、天然水よりもRO水をご希望でしたら、アクアクララがおすすめ。
わずか3秒で90℃まで再加熱できるリヒート機能がある「アクア・アドバンス(アクアクララ)」があるからです。
この「アクア・アドバンス」は通常でも85℃~90℃に保温されており、一般的なウォーターサーバーの中でも高めの水温ですから、お湯を多用される方に向いています。

ウォーターサーバー下置きタイプで再加熱したい

ウォーターサーバーでは下置きタイプも人気があります。
足元で水容器のボトルを取り換えることができて便利だからです。
高齢者の方や女性もそうですが、男性でも重い水を上に持ち上げるのは大変なのです。

コスモウォーターやプレミアムウォーターが下置きタイプに対応していますが、同時に再加熱も可能な機種となりますと、プレミアムウォーターが該当しています。

cado×PREMIUMWATER(ウォーターサーバー)

プレミアムウォーターの「cado×PREMIUMWATER」は下置きタイプ。
通常約83℃で保温されているお湯を、再加熱ボタンを押すだけで一時的に90℃以上に加熱してくれますので、スープなどの暖かい飲み物やカップ麺を作るときに活用できます。

プレミアムウォーターの再加熱ボタン

関連記事

ウォーターサーバーを安全性で【比較】危険性を回避して安全な水を飲みたいから
ウォーターサーバーで使うお湯の量は?カップラーメン、コーヒー、紅茶、お茶、粉ミルクを作る
ウォーターサーバーお湯を使わないなら、冷水のみ使用で電気代が安い?
赤ちゃんの白湯をウォーターサーバーのお湯で作っても大丈夫?
ウォーターサーバーのお湯で白湯ダイエット効果を。1週間で5kg痩せたって本当?
RO水が天然水よりも安い理由。安い宅配水ならピュアウォーター純水を選ぼう
ピュアウォーターを犬に飲ませて大丈夫?ペット、猫の飲み水なら純水のRO水がおすすめ
ピュアウォーターのメリットとデメリット。RO水は赤ちゃんのミルク作りにも安全な純水・ピュアウォーター
ウォーターサーバーのお湯は腐る?お湯だけ臭い時はどうするべきか

ウォーターサーバー活用術【おすすめ】

ウォーターサーバー比較under_text

☆ウォーターサーバー活用術【おすすめ】━・・・━◆◇◆◇

厳選されたおいしい天然水からお選びいただけます。
洗練されたサーバーデザイン。かんたんお手入れ。
【プレミアムウォーター】(PREMIUM WATER)ウォーターサーバー

安心安全なRO水でコストが安い。
プレゼント特典付きキャンペーンあり。
【アクアクララ】(AquaClara)ウォーターサーバー

グッドデザイン賞受賞おしゃれなデザインの外観。
衛生面に優れたサーバーでおいしい天然水が飲める。
【フレシャス】(frecious)ウォーターサーバー

水ボトル足元らくらく交換。おいしい家族の天然水。
最寄りの採水地から天然水を直送。
【コスモウォーター】(cosmo water)ウォーターサーバー

人気のウォーターサーバーはこちら
ウォーターサーバー比較under_pic